2017年05月02日 12時00分 UPDATE
特集/連載

イマドキのIT管理者が使うべきツールは重厚長大で手の掛かるメインフレーム、メンテナンスを楽にする5つのヒント

メインフレームのパフォーマンスを最適化するツールとその方針は多岐にわたる。キャパシティープランニングから、より効率的な仮想ストレージ管理まで、検討すべき領域は幅広い。

[Tim Culverhouse,TechTarget]
“点検項目”が膨大なメインフレームだけにそのメンテナンスは手間が掛かる。それだけに、ツールを導入して効率化を図りたい

 メインフレームを利用する基盤とそれを利用しているユーザーの規模は縮小している可能性がある。だが一部のIT担当者にとってメインフレームシステムの最適化に対応することが重要なタスクであることに変わりはない。

 メインフレームの効率を高めるには、ワークロード、ストレージ、プロセッサのパフォーマンスを追跡する必要がある。管理者は、リアルタイム監視やIBMの「Capacity Provisioning Manager」など、各種メインフレームツールを使用してこれらのタスクを実行できる。

 この記事では、メインフレームシステムの管理を効率化するための5つのヒントを紹介する。

パフォーマンスを測定するメインフレームツールの導入

 パフォーマンスを測定するメインフレームツールには、リアルタイム監視、ニアタイム監視、ポストプロセッサの3種類が存在する。システムプログラマーとして働くロバート・クロフォード氏によれば、ツールの種類によってメリットと診断データが異なるという。

 メインフレームの状態をライブで表示するには、リアルタイム監視を使用することをお勧めする。このツールを使うとユーザーはプロセスを生成時点から観察でき、パフォーマンスの問題を即座に診断して対応できる。例えば、I/Oやメモリに関連する問題などだ。ただし、オーバーヘッドの問題には注意が必要になる。リアルタイム監視は適切に実装しないとシステムパフォーマンスに悪影響を及ぼす恐れがある。

 ニアタイム監視はリアルタイム分析と履歴分析をうまく両立させたものだ。ITチームはニアタイム監視を使用してデータの概要を示すことができる。ただし、IBMの「Resource Measurement Facility」の「Monitor III」のようなニアタイム監視では、データ列を並べ替えることができない。また、データは60秒間以上の間隔でしか表示しない。

 最後に、ポストプロセッサを使用すると、IT担当者は大量の過去データを診断して分析できるようになる。IT担当者は傾向を追跡したり、データの概要に基づいて今後の容量の変化に備えたり、過去に起きた問題のデバッグが可能になる。ポストプロセッサの主な懸念は時間と分量に関するもので、データ量が多いと処理に時間がかかる可能性がある。翌日まで結果が分からないことも多い。

仮想ストレージの管理を簡略化する「SMFLIMxx」

 アドレス空間、異常終了、リージョンによって、メインフレームでの仮想ストレージ管理は複雑になる可能性がある。だが、パラメーターライブラリ(PARMLIB)のメンバーである「SMFLIMxx」を使えば、ルールベースの手法によって仮想ストレージ管理を簡略化できるとクロフォード氏は語る。

 PARMLIBメンバーの各ステートメントは「REGION」というワードで始まる。その後に、ルールの適用先となるアドレス空間を記述したフィルターが続く。フィルターではジョブ名、ジョブクラス、ユーザーまたはサブシステムを指定できる。フィルターの後には「MEMLIMIT」などの属性を記述する。MEMLIMITは1つのアドレス空間で利用できる64ビットストレージの最大容量を指定する属性だ。

  SMFLIMxxを使用するメリットはあるものの、管理者がSMFLIMxxの設定を変更するときには慎重を期す必要がある。特定のタスク用に十分なストレージが確保できるようにしなければならない。

キャパシティープランニングの実行

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

佐藤尚之氏が語る、新規獲得が難しい時代だからこそ「ファン」を大切にすべき理由
これからのマーケティングが「ファンベース」であるべき理由とは何か。コミュニケーショ...

news134.jpg

Oracle、IBM、Adobeが語るデジタルマーケティングの新潮流
主要マーケティングツールベンダーは現在のマーケティングトレンドをどう見ているのか。...

news112.jpg

KDDI、ショッピングモール「Wowma!」出店店舗の中国向け越境EC参入をサポート
KDDIは、越境ECプラットフォーム「豌豆 (ワンドウ) プラットフォーム」を運営するInagora...