2014年07月15日 12時00分 公開
特集/連載

DevOpsとアジャイル開発手法でトレーニングを削減人手不足でもう限界、メインフレーム管理を救うたった1つの方法とは

減少が続くメインフレーム管理者。しかし企業内にはまだメインフレームが残っており、管理者が必要だ。DevOpsとアジャイル開発手法の応用が管理者の育成に役立つかもしれない。

[Wayne Kernochan,TechTarget]

関連キーワード

DevOps | IBM(アイ・ビー・エム) | Linux | UNIX


 DevOpsとアジャイル開発は、アプリケーションソフトウェアの世界の話だと思っている人はいないだろうか。それは間違いだ。さまざまな制約と障害に満ちた移行期においては、これらのコンセプトがメインフレームにかかわるトレーニングと管理の簡素化に役立つのだ。

 メインフレーム管理に必要なリソースは流動的な状況にある。高齢化が進む今日の上級管理者は、システムに関する貴重な知識を抱えたまま企業を去ろうとしている。加えて、UNIX/LinuxやWindowsと比べて、z/OS(米IBMのメインフレームOS)環境に慣れ親しんだ社外開発者は少ない。IT部門はこうした人材を補充する作業を、賃金の抑制および新たなスタッフを訓練するためのリソースの不足という制約の中で行わなければならないのだ。

CIOが感じる無力感

ITmedia マーケティング新着記事

news143.jpg

Google トレンドで探る新型コロナウイルスに関連する検索動向
新型コロナウイルスの脅威が高まる中、国内の関心はどのように移り変わっているのか。「G...

news113.jpg

新型コロナウイルス感染拡大に関する不安 「経済への打撃」が「多くの死者が出ること」を上回る
McCann Worldgroupが世界14カ国で実施した意識調査の結果、政府の対応体制が「整っている...