2016年04月25日 15時00分 公開
特集/連載

27歳と47歳、メインフレームに魅了される2人のエンジニアが語ることコミュニティー活動で魅力を伝える(1/2 ページ)

47歳のメインフレームプログラマーが部署の中で最年少だとしたら、もっと努力をして若いIT担当者をメインフレーム関連の仕事に引き込む必要があるのではないだろうか?

[Robert Gates,TechTarget]
イメージ

 アンドレ・シュライバー氏は、Microsoftの「Windows Server」などに携わるIT担当者になると信じて育った若者だ。

 現在、27歳のシュライバー氏はIBMのメインフレーム「System z」のトランザクション処理用ミドルウェア「Customer Information Control System」(CICS)のプログラマーとして働いている。

 シュライバー氏も彼の友人もWindowsのことは知っていたが、メインフレームは全く未知の世界だった。初めてメインフレームを使ったとき、「メインフレームに関わる仕事がしたいと強く感じた」と同氏は振り返る。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。

news045.jpg

「ファッションテック」から「3密回避」まで データによる価値創造と課題解決の考え方
気象データを活用してファッションコーデを提案するサービスをデジタルエージェンシーの...

news153.jpg

脳波計測で判明 Twitterを使いながら番組を見る人は満足度が高い――Twitter Japan調査
脳波を活用した感性把握技術を活用して「テレビとTwitter」の関係について分析しています。