2016年04月25日 15時00分 公開
特集/連載

27歳と47歳、メインフレームに魅了される2人のエンジニアが語ることコミュニティー活動で魅力を伝える(1/2 ページ)

47歳のメインフレームプログラマーが部署の中で最年少だとしたら、もっと努力をして若いIT担当者をメインフレーム関連の仕事に引き込む必要があるのではないだろうか?

[Robert Gates,TechTarget]
イメージ

 アンドレ・シュライバー氏は、Microsoftの「Windows Server」などに携わるIT担当者になると信じて育った若者だ。

 現在、27歳のシュライバー氏はIBMのメインフレーム「System z」のトランザクション処理用ミドルウェア「Customer Information Control System」(CICS)のプログラマーとして働いている。

 シュライバー氏も彼の友人もWindowsのことは知っていたが、メインフレームは全く未知の世界だった。初めてメインフレームを使ったとき、「メインフレームに関わる仕事がしたいと強く感じた」と同氏は振り返る。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news163.jpg

Tableau調査と三井住友海上の事例に学ぶ コロナ禍でも強いデータドリブン組織をどう作るか
データを大切にし、従業員がデータにアクセスしてデータに基づいた経営判断ができる組織...

news092.jpg

営業デジタル化の始め方(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...