2014年11月07日 15時00分 公開
特集/連載

Linuxをメインフレームで運用? 「高いROI」「万人向けではない」と割れる専門家の意見2人の専門家に聞いた

米IBMの「Linux on System z」とLinuxサーバディストリビューション。専門家の意見を踏まえ、どちらの選択肢が自社のIT環境に合うかを判断しよう。

[Sharon Zaharoff,TechTarget]

 「Linux」をメインフレームで運用すべきだろうか。

 その議論については賛否両論があるように、「Linuxメインフレーム」(Linuxが稼働するメインフレーム)が全てのIT環境に適しているというわけではない。では、読者が所属する企業においては、どのように考えるべきだろうか。本稿では、その判断に役立つように、Linuxワークロードを「メインフレームで実行する」と「分散サーバ環境で実行する」という対極のアプローチをそれぞれ勧める2人の専門家の意見を紹介する。

「Linuxをメインフレームで運用する」派

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

2021年ホリデーシーズンにおける米国オンライン消費額、サプライチェーン危機にもかかわらず過去最大を更新
「Adobe Digital Economy Index」によると、米国の2021年のホリデーシーズンにおけるオン...

news014.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2022年1月)
今週は、パーソナライゼーション製品の国内売れ筋TOP10を紹介します。

news146.jpg

オンライン商談システム市場 2020年度は前年度比倍増――ITR調査
コロナ禍によるオンライン商談需要の急増で市場が急拡大。訪問営業減少の影響が鮮明に表...