2017年11月13日 05時00分 公開
特集/連載

プライベートクラウドで主流になるのは?VMwareとOpenStackの比較バトル、焦点はハイブリッドクラウドへ

VMwareのハイブリッドクラウド戦略が進化している。一方OpenStackは充実したサービスラインアップを生み出し続けている。そのため、この2つのプラットフォームの比較論争が再び白熱する。

[Jim O'Reilly,TechTarget]

 ハイブリッドクラウドの導入が拡大するにつれ、VMwareとOpenStackのプライベートクラウド論争が過熱するのは確実だ。

 VMwareがデータセンター仮想化の主導権を握っているのは間違いない。だがクラウドコンピューティング市場への参入はやや遅かったようだ。そのため、企業のプライベートクラウドの基盤としてOpenStackを導入する傾向が続いている。だがOpenStackの導入は広がっているとはいえ、運用環境への転換はなかなか進まない。規模、使いやすさ、機能の完全性といった問題が原因となり、大きな市場へのOpenStackの参入は遅れている。

 こうしたOpenStackの遅れにより、クラウド市場におけるVMwareの勢いが復活している。VMwareは、Amazon Web Services(Amazon)の「Amazon Web Services」(AWS)、Googleの「Google Cloud Platform」(GCP)、Microsoftの「Microsoft Azure」など群雄が割拠するパブリッククラウド市場に参入するのではなく、同社が最も得意とするデータセンター仮想化に重点を置く。既に同社のテクノロジーの訓練を受けた多くの管理者や、IT部門において培った長年の経験により、VMwareはクラウド戦略に新たな解釈を加えた。

VMwareとOpenStackの比較論争に影響を与えるAWS

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...