2018年08月27日 05時00分 公開
特集/連載

「Amazon Elastic File System」「Azure Files」との違いはGoogle、クラウドファイルストレージサービス「Filestore」を公開

Googleの「Google Cloud Filestore」が利用可能になった。パブリッククラウドとオンプレミス環境を統合して利用できるのが強みだが、競合他社のファイルサービス同様、課題も残されている。

[Trevor Jones,TechTarget]
photo

 クラウドファイルストレージは、ハイパースケールのプロバイダーにとって扱いにくい課題だ。しかし顧客企業と関係を保つには重要な要素になる。

 Googleの「Google Cloud Filestore」(以下Filestore)のβ版が2018年7月に利用できるようになった。これはネットワーク接続型ストレージ(NAS)を使って、非構造化データを共有ファイルシステムに格納する企業向けのマネージドサービスだ。このネットワーク接続型ストレージは、「Google Cloud Platform」の仮想マシン(VM)インスタンスや「Kubernetes」インスタンスに直接統合できる。

 企業が利用するアプリケーションがローカルファイルサーバに依存する場合、Filestoreのようなマネージドサービスが重要になる。こうしたサービスがパブリッククラウドにないと、業務がままならなくなる。

高パフォーマンスのクラウドファイルストレージ

 パブリッククラウドへのデータの移行が進んでいることに伴い、ホームディレクトリなど、他の種類のオンプレミスストレージ市場が縮小している。しかしこうした現象はファイルストレージに限ったことではないと専門家は語る。

ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

オープンソースCMS「Drupal」商用版提供のAcquiaが日本市場に本格参入
Acquiaは、日本支社としてアクイアジャパンを設立したと発表した。

news115.png

Macbee Planetの成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」、DACのDMP「AudienceOne」とデータ連携
Macbee Planetは、同社が提供する成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」を、デジタル・...

news018.jpg

ミレニアル世代の85%が動画視聴後に購入の意思決定――Brightcove調査
動画コンテンツは購入の意思決定にどう影響しているのでしょうか。