TechTargetジャパン

製品資料
読めば分かる! メール誤送信対策製品の選び方
本資料は、TechTargetジャパンで過去に掲載したメール誤送信対策に関連する記事を1つに集約したものである。製品導入前にできる対策や各社から提供されている製品の特徴を紹介している。 電子メールの誤送信は、誰にでも起こる可能性がある一方で、万が一の場合には企業...(2011/5/19 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
上長任せのメール誤送信対策はもう限界! 確実な策は「送信時確認の強化」にあり
 一般的なメール誤送信対策として、送信者が送信したメールをゲートウェイでいったん保留して上長が確認し、承認の上で送信する「メールゲートウェイ」がある。ただし、こうした仕組みがうまく機能しないケースも存在する。上司にチェック負荷が集中する、そもそも送信者...(2012/7/23 提供:NRIセキュアテクノロジーズ株式会社)

事例
1週間で導入完了! Google Apps環境でも使えるメール誤送信対策&アーカイブ事例
 コストと効率の最適化を目的に、メール環境をGoogle Appsに切り替えた購買戦略研究所。同社はメール誤送信への対策を迫られ、「Google Apps環境でも使える」製品/サービスの選定を開始した。充実したメール誤送信対策機能といった機能面の要求に加え、妥当な価格と短期...(2012/8/1 提供:株式会社トランスウエア)

e-book
読めば分かる! メール誤送信対策製品の選び方
 本資料は、TechTargetジャパンで過去に掲載したメール誤送信対策に関連する記事を1つに集約したものである。製品導入前にできる対策や各社から提供されている製品の特徴を紹介している。 電子メールの誤送信は、誰にでも起こる可能性がある一方で、万が一の場合には企...(2011/3/25 提供:アイティメディア株式会社)

Webキャスト
Google Appsのセキュリティ対策、標準機能だけで満足していませんか?
 情報漏えいにつながりかねないメールの誤送信は、企業全体で取り組むべき課題だ。ビジネス利用も増えつつあるGoogle Apps(Gmail)だが、セキュリティ機能は完全とはいえない。メール誤送信対策として、送信メールの一時保存(30秒)や添付忘れの注意喚起ポップアップな...(2014/12/19 提供:株式会社トランスウエア)

技術文書
メール誤送信による情報漏えいは自動暗号化で防げ
 電子メールの普及に伴い、重要な情報も電子メールで配信されることが一般的になってきた。その一方で、誤送信による情報漏えいが社会問題となっている。対策には、添付ファイルの暗号化が一般的だが、手作業による暗号化は、作業が煩雑で非効率、電子メール監査の不整合...(2014/2/17 提供:株式会社アズジェント)

製品資料
うっかりミスを自動で防ぐ誤送信対策を低コストで実現する方法
 「うっかり他人にメールを送ってしまった……」「添付ファイルを間違えてメールを送信してしまった……」。企業にとって欠かすことのできないメールによる業務では、うっかりミスが招く情報漏えいが後を絶たない。メール誤送信対策はIT部門にとって大きな課題だ。 誤送...(2013/10/15 提供:株式会社アズジェント)

製品資料
クラウド型サービスで「安く」「素早く」メール誤送信対策を実現する
メール操作のほとんどはユーザーが手動で行うことから、注意を喚起するだけでは、誤送信を100%阻止するのは難しい。そこで近年では、システム側で誤送信をブロックするソリューションが提供されている。しかし、その多くは社内システムに別途サーバを立てて運用する必要...(2011/5/16 提供:株式会社トランスウエア)

製品資料
「誤送信防止」と「添付ファイル暗号化」の両面で実現するメール誤送信対策
 誤送信や添付ファイルなどのメール経由の情報漏えいは、たとえ「うっかりミス」でも場合によっては企業の存続にかかわるような重大なインシデントになる可能性がある。メール経由の情報漏えい事故は増え続けており、企業によるメール誤送信対策がいまだ不十分であること...(2008/12/1 提供:株式会社トランスウエア)

事例
「Google Apps×スマートデバイス」大手企業のセキュリティ事例10選
 本資料では、「BYOD(Bring Your Own Device)実現にあたりセキュリティレベルを落としたくなかった」「多店舗間でクラウドとスマートデバイスを活用したセキュアな情報共有を実現したかった」「PCのみならずスマートデバイスでも誤送信対策を行いたかった」「Pマーク・...(2013/2/27 提供:ゼネラル・ビジネス・サービス株式会社)

事例
ISMS取得後の運用ルール順守と現場の負荷軽減を両立させたメール誤送信対策とは?
 丸新システムズではISMSを取得するために、155項目にわたるセキュリティ対策の運用ルールを策定し、約半年という短期間で「ISO27001」を取得した。しかし、実運用が始まると、営業担当者を中心とした業務部門から「メール運用に関する業務負担が増大した」と指摘を受け...(2009/12/9 提供:株式会社トランスウエア)

製品資料
メール誤送信対策ソフトウェア「FENCE-Mail For Gateway」
メールの誤送信による情報漏えいの可能性は、企業にとって大きな不安要素である。その対策にはメール送信時の誤操作をなくし、添付ファイルを暗号化して送信することが基本である。FENCE-Mail For Gatewayは、監査機能と暗号化機能の二重の対策により、安全かつ快適なメー...(2010/12/20 提供:株式会社富士通ビー・エス・シー)

製品資料
社内データのセキュアなデータ持ち出し方のご紹介
 社内データが流通する経路は、「Web」「USBメモリ」「メール」が考えられる。 各流通経路のリスクに対して、従来の持ち出させないではなく安全に持ち出すをコンセプトとした製品をご紹介する。 「Web」「USBメモリ」からは、電子文書の暗号化持ち出し承認ワークフロー...(2011/7/28 提供:株式会社富士通ビー・エス・シー)

カタログ
【カタログ】セキュリティASPサービス
【製品概要】高価な設備の導入費用や保守要員が必要なく、使用するアカウント数に応じて購入できるため、大幅にコストを抑えられるセキュリティサービス。【導入メリット】■GUARDIANWALL ASPサービス社内に専用のサーバーを設置することなく、メールフィルタリングや保存...(2010/12/1 提供:キヤノンITソリューションズ株式会社)

製品資料
「本当に必要な」情報漏えい対策…「メール誤送信対策」だけでは十分ではなかった!
今や企業の基幹システムの一つである電子メール。便利である半面、「うっかりミス」による誤送信や、「故意」の持出しによる機密情報漏えいリスクが内在している。また企業内には電子メール以外にも、インターネットを介して社員や職員が無料のファイル共有・伝送サービス...(2010/1/5 提供:日本ワムネット株式会社)

事例
もはや「Pマーク取得に必須」のメール誤送信対策を成功に導くには
 ジービーアールでは、PマークやISMS取得に向けて全社的にセキュリティ対策に取り組んできた。その一環がメールの誤送信防止対策である。 しかし、人的な作業に頼るチェックシステムでは誤送信を完全に防ぐことはできず、管理者の負担が増大していた。また、仕事先との...(2009/11/30 提供:株式会社トランスウエア)

Loading