企業ポリシーに則したオリジナルのメール誤送信対策ができる「留め〜る」誤送信対策製品紹介:日立ソフトウェアエンジニアリング編

日立ソフトのメール誤送信防止製品「留め〜る」は、「送信キャンセル」「時間差送信」「リスク判定」などの機能に加え、企業ポリシーに合ったオリジナルの機能を実装できる。

2010年06月25日 08時00分 公開
[上口翔子,TechTargetジャパン]

 日立ソフトウェアエンジニアリングの「留め〜る」は、あらかじめ用意された複数のメール誤送信防止機能の中から、ユーザー企業が自社のセキュリティポリシーに合った機能を自由に選択できる製品だ。さらに、「“もっとこうした機能が欲しい”という要望があれば、オリジナル機能の実装にも相談に乗れる」(全国営業本部 マーケット開拓推進部 企画グループ ITアーキテクト 篠島智彦氏)という。

画像 「留め〜るの機能のほとんどは、ユーザー企業からの要望によるもの。よって選択枠が多い」と篠島氏

 同社では、留め〜るの標準機能として、メールの送信者本人、同僚、システム(メールサーバ)の3方位で、誤送信メールの外部流出を社内で防ぐ(とどめる)6つの機能(一部オプション)を用意。そのほか、アップグレード機能として「送信者にメールの読み返しを促す自動通知機能」や、「添付ファイルをユーザー指定のパスワードで保護できる機能」「複数のあて先が含まれている場合に自動でBccへ変換する機能」「件名・添付ファイル名を記録(ログ管理)できる機能」を用意している。

 さらに上記以外にも、冒頭で紹介したように企業ごとのポリシーに則したオリジナル機能の実装にも対応する。

画像 「留め〜る」の持つ6つの標準機能およびアップグレード機能の一覧

 以下、標準機能およびアップグレード機能について特徴的なものを順に解説しながら、これまでにどのようなオリジナル機能を実装したのか、事例を交えて紹介する。

ITmedia マーケティング新着記事

news028.jpg

これからのマーケティングに関する8つの予言(無料eBook)
激動するトレンドを正しく理解することはマーケティングで成功するための第一歩。今回の...

news109.jpg

フォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」のEFO(エントリーフォーム最適化)機能が正式版に
nocoはフォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」において、β版として提供して...

news068.png

広報活動がうまくいっている企業はどのくらいある?――オズマピーアール調査
国内企業の広報担当者200人を対象に、企業広報活動の実態を調査しました。