2011年07月19日 18時00分 UPDATE
ニュース

NEWSHDE、メール誤送信対策に特化したポータルサイトをオープン

セキュリティ担当者に向けて、メール誤送信対策に関する情報を発信するWebサイト「メール誤送信対策.com」を開設した。

[TechTargetジャパン]
画像 メール誤送信対策.com

 HDEは7月19日、メール誤送信対策に関する情報を集約した専門ポータルサイト「メール誤送信対策.com」を開設した。メール誤送信対策を検討するセキュリティ管理者に向けて、同対策の基礎知識や具体策、事例など、幅広い情報を提供する。

 同社によると、電子メールの誤送信は後を絶たず、情報漏えいの原因となっていることが多いという。一方で、誤送信対策に関して参考となる情報が不足しており、ユーザー企業の担当者の理解度にも差が見られる。

 そこで同社では、提供するメール誤送信対策アプライアンス「tapirus Gシリーズ」の開発ノウハウを生かし、既存ユーザーのヒアリングを通じて同サイトを立ち上げた。同サイトを通じて、メール誤送信対策の啓蒙活動に取り組んでいく。

関連ホワイトペーパー

誤送信 | アプライアンス | 情報漏洩


ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...