2011年07月14日 13時00分 公開
ニュース

スパム・ウイルス対策も追加したメール誤送信対策アプライアンス「tapirus G 2100」NEWS

HDEは、メール誤送信対策アプライアンスの最新版を発表。スパム・ウイルス対策などインバウンドのメールセキュリティ機能を追加した他、オプションでUPSとも連携可能にした。

[TechTargetジャパン]

 HDEは7月14日、メール誤送信対策アプライアンス「tapirus G 2100」を発表した。7月19日に販売を開始し、価格はオープン。1アプライアンス当たり1500ユーザー程度の利用を想定している。

画像 tapirus G 2100製品イメージ。仕様は、CPU:クアッドコアIntel Xeonプロセッサ、メモリ:4Gバイト、本体寸法:幅434ミリ×高さ43ミリ×奥行き627.1ミリ

 tapirus Gシリーズは、誤送信(情報漏えい)の可能性があるメールを(1)送信者本人の気付き、(2)第三者による確認、(3)システムでの強制停止、(4)添付ファイルのパスワード付ZIP化、の4ステップで防ぐアプライアンス製品。送信後メールの一時保留や、メールヘッダ・本文・添付ファイルの条件で誤送信の疑いがあるメールを自動で止める独自技術、パスワード付きZIP変換など機能を搭載している。

画像 システムで強制停止するポリシーの設定画面クリックで画像拡大

 最新版のtapirus G 2100では、迷惑メール、ウイルス対策機能を追加。これまでの誤送信(情報漏えい)と合わせて、インバウンド・アウトバウンド双方の機能を搭載する統合型のメールセキュリティアプライアンスとして利用可能となった。企業のIT管理者は、マルチベンダー環境で運用管理していたメールセキュリティシステムを、tapirus G 2100の1台に集約できる。

 その他、ハードウェアも強化した。HDDと電源が冗長化構成に対応し、停電対策として有効なUPS(無停電電源装置)をオプションで利用できる。セキュリティ面では、フィッシング詐欺対策として有効なドメイン認証技術「DKIM」に対応。SMTP認証(SMTP AUTH)、SSL/TLSによる受信制限も可能だ。

 以前からのHDEユーザーならお気付きかもしれないが、tapirus G 2100には筐体の中央にtapirusシリーズのバク(動物)のキャラクターがデザインされている。これは同製品の管理画面も同様で、画面デザインの見直しと共にキャラクターを記載。それ以外の箇所も担当者がより利用しやすいようなインタフェースとなっている。

画像 リポート生成画面。バックアップ/リストア、ログ閲覧、システム状況リポート生成が可能。1つの管理画面から複数台のtapirusサーバを一元管理できる

 同社では、tapirus G 2100の評価機貸し出しサービスも行っている。導入を検討するユーザー企業はこちらから申し込みが可能だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...

news152.jpg

「SFKETO」メンバーが語るMAとSFA連携 レベニュー組織の成果を最大化させるために必要なこととは?
「Marketo Engage」とSalesforceの両方を使う人々が集うコミュニティー「SFKETO(セフケ...