TechTargetジャパン

レポート
年末調整に向けた準備はできてますか? マイナンバー対応振り返りガイド
 2016年1月に運用が始まったマイナンバー制度だが、マイナンバーの収集・保管を外部の業者に委託したり、人事給与システムを改修したりすることで対応は完了したと考える企業は多い。 2016年11月には年末調整に向けた業務も始まることから、「本当にこれで大丈夫なのか...(2016/8/9 提供:日本電気株式会社)

レポート
今からでも間に合う「マイナンバー制度」対応、その基本と実践
 マイナンバー対応で企業が神経質になっているのは、厳密なセキュリティの確保が求められるからだ。従来、個人情報保護法の対象外であったような中堅・中小企業でもマイナンバー制度の「安全管理措置」に対応する必要がある。 マイナンバー制度では個人番号の収集、保管...(2015/10/21 提供:株式会社 日本HP)

製品資料
多店舗・多拠点企業は店舗のマイナンバー収集・管理をどう行っているか?
 マイナンバー制度への対応では、特定個人情報の漏えいや流用などのリスクを可能な限り回避することが求められる。しかし、自社でマイナンバーを安全に管理するためには、収集・保管業務の人員確保や教育、保管設備の設計や構築に多くのコストと人的リソースを投じなけれ...(2016/8/4 提供:日本電気株式会社)

製品資料
これさえあれば万全! マイナンバー対応製品のご紹介
 2016年1月から段階的に運用が始まるマイナンバー制度。まずは、従業員の退職手続きや、外部の有識者への報酬、アルバイトへの支払いに適用され、その後は全従業員の健康保険、厚生年金などの手続きや、給与の源泉調整票の作成・手続きのためにマイナンバーが必要となり...(2015/8/12 提供:日本電気株式会社)

講演資料
マイナンバー制度のポイント、「特定個人情報ファイル」は業務視点でのアクセス制御
 2016年1月よりマイナンバー制度が本格的に運用開始の予定である。従業員やその家族のマイナンバーを含む「特定個人情報」ファイルの安全性をいかに保つかが、マイナンバー制度の運用に際して企業に求められる課題だ。 そこで重要となるのが、「ロール(業務)」視点に...(2015/5/13 提供:日本オラクル株式会社)

技術文書
マイナンバー制度開始を機に見直す「情報セキュリティ対策」とは?
 マイナンバーを含む特定個人情報は極めて重要な情報であり、企業で的確に取り扱うには、情報システムにおける安全性を再度確認し、是正点があれば速やかに実施する必要がある。マイナンバー制度では安全管理措置のガイドラインが定められているが、これを情報セキュリテ...(2015/11/4 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
もう時間がない! マイナンバー対応準備のポイントとは?
 マイナンバー制度への対応は、企業の人事担当者だけでなく、総務、情シス、経理、経営企画など多くの部門にまたがる。そこで「導入準備」「制度対応」「マイナンバーを活用した新ビジネス展開の可能性」の3フェーズに分けて、どのようにマイナンバー制度に対応すべきか...(2015/8/12 提供:日本電気株式会社)

製品資料
バックアップ対策に潜むリスク――失敗しないための3つのサイクル
 多くの企業がマイナンバーのバックアップ対策を行ったが、一般的なデータと異なり、厳格な管理が求められる。マイナンバーのバックアップについて、「自社システムで法制度を順守できるのか」「運用方法は適切といえるのか」という不安を感じるシステム担当者は少なくな...(2015/12/14 提供:ベリタステクノロジーズ合同会社)

レポート
マイナンバー制度開始まで待ったなし。今すぐ始める業務システム対策
 2016年1月より「マイナンバー制度」がスタートする。全ての個人および法人に対して12桁の特定の番号が割り当てられ、さまざまな行政手続きで利用される。従業員の給与や福利厚生の手続きが変わり、人事労務業務や経理業務はもとより、全ての部署や従業員に業務上何らか...(2014/12/9 提供:株式会社オービックビジネスコンサルタント)

製品資料
攻撃者はどうやってマイナンバーを盗むのか? 手口別の対策方法
 2016年からマイナンバーが本格稼働しているものの、まだ企業にとっては扱い方に慣れていない状況だ。これは言い換えれば、攻撃者にとってマイナンバーは格好の攻撃目標であり、企業にとっては大きな懸念材料だということになる。 標的型攻撃、内部不正による情報漏えい...(2016/8/9 提供:日本電気株式会社)

製品資料
マイナンバー対策で構築したバックアップ体制、継続運用の視点で再点検
 マイナンバー法の施行で、より厳格なルールに基づいた文書のバックアップ運用管理が求められるようになった。ガイドラインの定める厳しい条件をクリアするためにマイナンバー専用システムを構築する企業がある一方、施行直前にコストや時間を優先してシステムを構築した...(2015/12/14 提供:ベリタステクノロジーズ合同会社)

製品資料
マイナンバー対策を再点検、安全管理措置の技術的4条件は満たせている?
 マイナンバーを含む特定個人情報を管理する上で、企業は「利用制限」「安全管理措置」「提供制限」の3原則を知っておかなければならない。これらを遵守しなかった場合、その企業は罰則を受ける場合があるからだ。 その中の安全管理措置に関しては、事業者向けのガイド...(2016/7/21 提供:株式会社日立ソリューションズ)

レポート
7割の企業はまだ未着手。マイナンバー制度対策は進んでいますか?
 2016年からマイナンバー制度がスタートする。住民票を有する全ての国民に対して個人番号が付与されるもので、社会保障、税、災害対策などの分野で効率的な管理を行っていく。非常にインパクトの高い制度にも関わらず、7割の企業はまだ未着手というデータもあるほど浸透...(2015/1/28 提供:スーパーストリーム株式会社)

講演資料
マイナンバー対策を再点検、データベースセキュリティ「3つのポイント」
 マイナンバー制度が施行され、企業はサイバー攻撃の脅威から、特定個人情報を含む重要情報を守らなければならない。セキュリティ対策は、ネットワークの境界を守る「入口対策」「出口対策」だけでは限界が来ており、ネットワーク内部への侵入者によるデータの盗難・改ざ...(2015/12/14 提供:日本オラクル株式会社)

レポート
もう待ったなしのマイナンバー対応 最も重要なセキュリティ対策とは?
 「マイナンバー制度」では、支払調書や源泉徴収票への記載が必要となる。健康保険や年金などの社会保障制度の手続き書類には、従業員および従業員家族のマイナンバーを記載しなければならない。いよいよ2015年10月から国民1人1人に番号通知が開始されるが、多くの企業に...(2015/8/31 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
本格運用目前、マイナンバーの安全な管理に欠かせない暗号化と鍵管理をどうする?
 2016年1月より本格運用が始まるマイナンバー制度。市区町村から国民1人ひとりに固有の12桁の番号(マイナンバー)が送付され、企業は、源泉徴収票や社会保険の被保険者資格取得届などに従業員のマイナンバーを記載する必要が生じる。 企業におけるマイナンバー制度の運...(2015/4/15 提供:日本セーフネット株式会社)

レポート
キーマンズネット データブック 2016(2016年2月発行)
 コンテンツマーケティングを職務の1つとするマーケティング担当者にとって、「どのようなコンテンツを作れば、アプローチしたい読者に見てもらえるのか?」という悩みは尽きることはない。 企業向けIT製品の総合サイトであるキーマンズネットには、ITベンダー企業制作...(2016/8/18 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
全企業が対象となる「マイナンバー対策」今、把握すべきことと準備すべきこと
 「マイナンバー制度」は全ての企業に個人情報保護法よりも厳しいルールが適用される。システム的な管理対応策は「技術的安全管理措置」として示されているが、個々の企業における具体的な反映はそれぞれ判断が分かれるところで、規模が大きく複雑なシステムを持つ企業ほ...(2015/9/1 提供:株式会社Imperva Japan)

製品資料
尽きない情報漏えい事件、マイナンバー制度施行前にセキュリティ対策を再点検
 マイナンバー制度では個人番号を保管するだけでなく、運用や廃棄という作業も必要になるため、より総合的なセキュリティ対策が求められる。マイナンバーは個人情報の一部であるため、個人情報管理と同様、「人+プロセス+テクノロジー」の3面から対策する必要がある。(2015/10/8 提供:デル株式会社)

製品資料
開始が目前に迫るマイナンバー制度、企業が取るべき対策を3つの視点で再確認
 マイナンバー制度では企業は従業員だけでなく、その扶養家族、さらには講師の謝礼や原稿料、不動産使用料、配当など支払先のマイナンバー収集から保管・利用・廃棄に至るまで情報の取り扱いに厳格な管理が求められる。 企業が管理する情報については、情報漏えいリスク...(2015/7/30 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
セキュリティ人材不足を認識する企業は3年連続8割以上──3000社への実態調査結果
 2014年度に重視したセキュリティ対策は、「スマートデバイス利用上の対策、ルール整備」が40%とトップで、2013年度の3位から上昇。セキュリティ関連投資意欲は過去3年で最大だが、人材不足はより深刻に――本コンテンツは、NRIセキュアテクノロジーズが実施した「企業...(2015/2/4 提供:NRIセキュアテクノロジーズ株式会社)

製品資料
マイナンバーは「自社で保持せず」、安全な管理・運用の手引き
 2015年10月5日にマイナンバー法が施行された。企業が整備しなくてはならないマイナンバーへの対応は待ったなしである。特に課題となるのが、情報漏えいや不正利用の対策である。 対策の中でも、「クラウド型サービスの活用により自社で個人情報を保有しない」という選...(2015/10/8 提供:株式会社ミロク情報サービス)

製品資料
そろそろ見直したいマイナンバー業務環境、安全性と利便性は低コストで改善
 既に一巡した感のあるマイナンバー対策だが、運用が定着したことで見えてきた課題もある。セキュリティは強固だが各種システムへのサインオンが不便なケースや、利便性は高いが「なりすまし」行為などへの対策が不十分なケースなど、マイナンバー業務環境に課題を抱える...(2016/7/21 提供:株式会社日立ソリューションズ)

レポート
イラストで丸分かり! 企業は何をすべきか マイナンバー制度対応
 2016年1月から段階的に運用が始まるマイナンバー制度。まずは、従業員の退職手続きや、外部の有識者への報酬、アルバイトへの支払いに適用され、その後は従業員の社会保障や税などの行政機関に提出する書類には従業員本人と扶養家族のマイナンバーを記載しなければなら...(2015/8/12 提供:日本電気株式会社)

製品資料
情報システム管理者が5〜10人の中小企業を想定した、マイナンバー対策案内
 経済産業省の調査でも、中小企業のセキュリティ対策実施率は大企業と比べて低いことが指摘されている。その理由として「費用対効果が見えにくい」「コストが掛かりすぎる」「ノウハウがない」などが挙げられるが、マイナンバー制度が既に施行された以上、対策を怠るわけ...(2016/2/4 提供:パラレルス株式会社)

技術文書
マイナンバー漏えいを防ぐための「データベース徹底防御法」
 マイナンバー対策をする上でIT部門がまず成すべき重要なことは、自社が管理するマイナンバー/特定個人情報が格納されたデータベースに「誰が入ってこられるか」を精査することだ。その上で、当該データベースに対する「アクセス制御」や「アクセスユーザーの識別・認証...(2015/10/15 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
マイナンバー本格運用であらためて注目される「最新データベースファイアウォール」機能と有効性
 近年、Webサーバからデータベースへの不正アクセスによる情報漏えいが発生しているが、実はWebサーバの防御だけではデータベース内のデータを守ることはできないのが原因だ。またアクセス権限を持った人物がその権限を悪用して顧客データを持ち出し、そのまま長期間も犯...(2015/12/17 提供:エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア株式会社)

レポート
運用開始まであとわずか、マイナンバー制度対応のロードマップと業務適用イメージ
 日本国内に住民票を置く全ての人たちに割り当てられる個人番号の管理は、企業にも大きな負担となる。従業員およびその家族、支払いが発生する個人事業者などのマイナンバーを把握し、厳密に管理・運用する必要があるからだ。万が一、漏えいしたり、悪用されたりすること...(2015/6/15 提供:株式会社ミロク情報サービス)

製品資料
セキュリティ対策の盲点 業務の流れに潜む課題を洗い出す
 2016年より本格運用が始まったマイナンバー制度では、特定個人情報の取り扱い手順や安全管理策の整備、運用が求められる。一方、重要情報を標的にしたサイバー攻撃は進化しており、既存のセキュリティ対策では限界もある。 例えば、個人番号取得の際の「メモ」の管理手...(2016/3/11 提供:デル・ソフトウェア株式会社)

レポート
TechTargetジャパン Data Report 2016(2015年4月〜2016年3月版)
 コンテンツマーケティングを職務の1つとするマーケティング担当者にとって、「どのようなコンテンツを作れば、アプローチしたい読者に見てもらえるのか?」という悩みは尽きることはない。 本コンテンツは、2015年度にTechTargetジャパンに掲載され、読者にダウンロー...(2016/8/18 提供:アイティメディア株式会社)

Loading