TechTargetジャパン

レポート
急増する「脅威メール/標的型・ランサムウェア」あらゆる企業に必要な対策は?
 メールを侵入経路とするマルウェアが国内で急増している。2016年第4四半期におけるウイルス・不正プログラムの検出数は、前年同期比で600%以上という急拡大を見せた。さらに中小企業への攻撃が年々増加するなど、サイバー攻撃は規模や業種を問わず拡大しており、あらゆ...(2017/4/21 提供:ファーストサーバ株式会社)

レポート
インシデント対応ガイド:ある日発覚した「不審な通信」、その時どうする?
 組織のネットワーク内部を侵害するサイバー攻撃のほとんどは、組織外から「不審な通信」を指摘されて発覚するという。外部からの通報の場合は、その真偽の確認も必要だ。通報/検知内容を確認、適切に判断し、被害の最小化や原因の追究に向けて、迅速かつ適切なインシデ...(2017/3/8 提供:トレンドマイクロ株式会社)

レポート
2016年「三大サイバー攻撃」 攻撃と被害傾向に学ぶ2017年のセキュリティ対策
 データの復旧と引き換えに身代金を要求するランサムウェア攻撃が、国内で本格化してきた。セキュリティベンダーの調査によれば、国内のランサムウェアの検出台数は2016年で前年比9倍以上と急激な伸びを見せている(2016年1月11日時点でのTrend Micro Smart Protection N...(2017/2/14 提供:トレンドマイクロ株式会社)

プレミアムコンテンツ
国内製造業も無視できない“サイバー犯罪”最新動向 2016
 トレンドマイクロは、2016年11月までの最新調査データを基にした「2016年国内サイバー犯罪動向」を発表。2016年の国内サイバー犯罪の動向と、今後注意すべき動きとは何か? トレンドマイクロ セキュリティエバンジェリスト 岡本勝之氏が詳細を説明した。 本稿では、20...(2017/2/15 提供:アイティメディア株式会社)

プレミアムコンテンツ
脅威にどう備える? 先進事例から学ぶ「工場セキュリティ」
 IoT(Internet of Things:モノのインターネット)やインダストリー4.0に注目が集まる中、製造業では「つながる工場」の実現に向け、汎用OSや標準通信規格ベースのネットワーク技術が急速に工場内に入り込み始めている。これまで閉じられた世界で守られてきた工場も、“...(2017/2/28 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ワークスタイルの広がりで管理範囲も工数も急増 管理手法はどう変わるべきか
 業務アプリケーションの展開や管理には、これまで長らくPCを念頭に置いた仕組みが続いてきた。しかし今はスマートフォンやタブレット、シンクライアントなどデバイスが多様化し、アプリケーションもWebアプリケーションや仮想化アプリケーションなどを状況に応じて使い...(2017/2/14 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
「Windowsエラー報告」を不正侵入に悪用? 進化する標的型攻撃に挑むには
特定組織を狙う標的型攻撃は、洋の東西を問わず鎮静化の気配がない。不特定多数を狙った攻撃とは異なり、攻撃者はマルウェアやメール文面などを標的ごとに巧妙に変え、確実な攻撃成功を図る。従来型セキュリティ対策の網の目をかいくぐる攻撃も多く、対策は一筋縄には行か...(2016/11/8 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
中堅・中小企業のためのセキュリティ対策――らくらく管理の方法とは?
 2016年6月、大手旅行業者への標的型攻撃によって、最大793万件に及ぶ個人情報が流出した可能性が明らかになった。2015年6月に日本年金機構の個人情報125万件が流出した事件の発覚からちょうど1年。サイバー攻撃への危機感が高まる中、最悪規模の事件がまた起きてしまっ...(2016/11/25 提供:KDDI株式会社)

製品資料
多層防御の実効性を高める、総合セキュリティ対策の“3つのポイント”
 マルウェアの侵入防止に力点を置く、エンドポイントのウイルス対策では現実の標的型攻撃には対抗し切れないことから、近年では侵入された場合の対策も加味した「多層防御」の考え方が浸透してきた。しかし重要情報の詐取は、内部犯行の場合もあれば、廃棄したIT資産が原...(2016/9/7 提供:株式会社日立製作所)

技術文書
実践ガイド:「VMware NSX」「Deep Security」環境のマルウェア感染に対処する
 近年、猛威を振るう標的型攻撃などへの対策として仮想デスクトップを導入する企業が増えている。この環境が選ばれる理由は、直接的な防御にとどまらず、万が一、マルウェアに感染しても十分な対処ができることにある。  このようなケースには「セキュリティソフトによ...(2016/8/24 提供:トレンドマイクロ株式会社)

事例
監視制御システムの安定稼働を実現!日新電機が採用したウイルス対策とは
 日新電機株式会社は1917年創立の重電メーカーであり、国内主要重電9社の一角を占める企業だ。電力機器の事業を主軸に、ビーム・真空応用事業や新エネルギー・環境事業を展開。そして、工場の稼働に必要となる電力供給や水処理設備・道路設備の監視制御システムの開発・...(2016/8/29 提供:トレンドマイクロ株式会社)

技術文書
VDI環境の標的型攻撃対策――内部セキュリティの弱点を克服する2つの技術とは?
 標的型攻撃をはじめとするサイバー攻撃が高度化していることから、従来の侵入防止型セキュリティだけでは対応できない状況が生まれている。そのため、入口の防御を突破されてからの被害を最小限に抑える拡散防止型セキュリティが欠かせなくなった。 しかし、実際に内部...(2016/8/1 提供:トレンドマイクロ株式会社)

レポート
iPhoneウイルスの現状――iOSの安全神話は捨てるべき
 「iOSはウイルスがいないから対策ソフトなんて無意味だ」――。本気でそう考えているのだとしたら、認識を改めた方がよい。AppleのモバイルOS「iOS」を狙ったマルウェアは存在するし、2014年には感染が確認されている。仮に“iOS安全神話”があったとしても、それは既に...(2016/8/31 提供:KDDI株式会社)

レポート
TechTargetジャパン Data Report 2016(2015年4月〜2016年3月版)
 コンテンツマーケティングを職務の1つとするマーケティング担当者にとって、「どのようなコンテンツを作れば、アプローチしたい読者に見てもらえるのか?」という悩みは尽きることはない。 本コンテンツは、2015年度にTechTargetジャパンに掲載され、読者にダウンロー...(2016/8/18 提供:アイティメディア株式会社)

講演資料
VDI構築時にユーザー側で確認すべき、セキュリティ対策「3つのポイント」
 VDI環境を「SoftLayer」上で構築する場合のセキュリティ対策として、3つの観点で確認が必要だ。 1つ目は、セキュリティ対策の責任範囲の理解である。サーバ、ストレージ、ネットワークなどはSoftLayer側の管理に任せることができても、アプリケーション、データ、OSな...(2016/4/20 提供:トレンドマイクロ株式会社)

講演資料
仮想デスクトップ導入前に確認しておきたい「パブリッククラウドの選び方」
 標的型攻撃の手口はますます巧妙化し、対策ソフトが検出できない「未知のマルウェア」を想定したセキュリティ対策が求められるようになった。この状況を背景に、業務用端末をインターネットから分離しつつセキュアブラウジングを実現できる仮想デスクトップの導入が進ん...(2016/4/20 提供:トレンドマイクロ株式会社)

事例
トレンドマイクロのセキュリティエキスパート育成を支える指標
 システムにおけるクラウド活用が一般化したいま、IT部門は専門スキルをさらに磨くとともに、専門以外でも幅広くIT分野全体に対する知識や能力を身に付ける必要が生まれている。なぜなら、クラウドによって連携するシステムは多種多様であり、起因する課題やユーザー要求...(2016/3/9 提供:日本サード・パーティ株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月6日号:EMCの買収でDellに何が起きる?
 Computer Weekly日本語版 1月6日号は、以下の記事で構成されています。■「事業を売却することはない」──マイケル・デル氏に聞くDellとEMCの今後■パスワードが不要な世界に向けて、導入が進むFIDO標準■Microsoftが注力するセキュリティ4本柱、その具体的な成果は?...(2016/1/6 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
クレジットカード情報が狙われる――二木ゴルフの情報漏えい対策
 クレジット情報や個人情報を狙った標的型サイバー攻撃が急増している。国内でも決済処理システムがマルウェアに感染し、店頭で使用したカード情報が窃取されたことから、POSシステムへの「POSマルウェア」感染が疑われている。 カード決済で使われるPOS端末は、一般的...(2015/12/22 提供:トレンドマイクロ株式会社)

事例
あなたの工場のウイルス対策は万全ですか?ユースケースで紹介するクローズド環境のウイルス対策
 ウイルス対策が後手に回りがちなスタンドアロン/クローズド環境向けのエンドポイントソリューションとして効果を発揮する「Trend Micro Portable Security 2TM」。2015年12月に、顧客からの要望をもとに機能を向上させた「Service Pack2」がリリースされた。新機能で...(2015/12/17 提供:トレンドマイクロ株式会社)

レポート
あの「ウイルス対策ソフト」が標的型攻撃に無力な理由――情報漏えい対策必読ガイド
 新種のマルウェアが1日に20万種類も生み出されている現在、シグネチャベースのウイルス対策では対応が不能になりつつある。また、メール添付のマルウェアを検知しても、興味を引く件名につられて開いてしまうユーザーもいる。 そのような“ウイルス対策ソフトの限界”...(2015/12/10 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月2日号:暴挙か? GoogleのOffice 365攻略作戦
 Computer Weekly日本語版 12月2日号は、以下の記事で構成されています。■Office 365打倒に燃えるGoogleのなりふり構わぬ「無償」作戦 敵は世界で最も導入されているクラウドアプリ「Office 365」。Office 365をこの座から引きずり下ろすため、Googleが大胆な戦略を発...(2015/12/2 提供:アイティメディア株式会社)

事例
通信制限のある船舶内で、Windows搭載の特殊端末のセキュリティトラブルを50%削減させた対策とは?
 USBメモリや私物端末持ち込みによるウイルス感染や、ユーザーによる業務外アプリのインストールによって起きる障害の増加に伴い、その対応負荷は増える一方だ。特に通信環境に制限があり、安定稼働を重視する工場の生産ラインや生産管理・在庫管理システムなどの開発・...(2015/11/20 提供:トレンドマイクロ株式会社)

レポート
傷だらけの「Flash」――見直されるジョブズ氏の決断
 「Flash」が存続の危機に直面している。動画やアプリケーションなどさまざまな用途に利用されてきた、米Adobe Systemsの「Adobe Flash Player」。そのセキュリティへの懸念が消えないのだ。2015年に入ってからもFlashの新たな脆弱性の発見は続き、その脆弱性を突くサイ...(2015/10/8 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
仮想化による“マイクロセグメンテーション”でネットワークはどう変わるか
 サーバ仮想化によって仮想マシンの構築は手軽になったが、セキュリティの設定は多くの仮想マシン間で共有しており、その設定や変更には多大な時間がかかるケースが多い。IT管理者はこうした膨大な作業をこなすために休日や夜間なども作業を行っているが、どうしても手動...(2015/10/8 提供:株式会社ネットワールド)

レポート
攻撃の75%は24時間以内に犠牲者が発生、『2015年度データ漏洩/侵害調査報告書』
 CSIRTは、情報漏えいやセキュリティインシデントが発生した場合に連携して最小限に被害を食い止め、インシデントを未然に防ぐ活動を行う組織体制の総称だ。最近、外部の専門機関と連携して国内外で一貫したCSIRT体制を構築するグローバル企業も増えている。 多くの業種...(2015/7/21 提供:ベライゾンジャパン合同会社)

製品資料
どうしても残り続けるWindows Server 2003搭載システムは「ロックダウン」で守る
 レガシーOSを継続利用するリスクは誰もが認識するところだ。脆弱性が発見されてもパッチがリリースされることはなく、恒久的なゼロデイ攻撃リスクにさらされることになる。 しかし現実には、「使用をやめることができない」レガシーなシステムは、あらゆる領域で数多く...(2015/6/30 提供:トレンドマイクロ株式会社)

レポート
クラウド活用時にセキュリティ被害を最小限に留めるための「ホスト型セキュリティ」とは?
 パブリッククラウドの活用において、PaaSではアプリケーションを、IaaSではアプリケーション以外にデータ、ランタイムライブラリ、ミドルウェア、OSをユーザー自らが保護する必要がある。昨今増えている、オンプレミスの自社システムとパブリッククラウドサービスを連携...(2015/5/13 提供:トレンドマイクロ株式会社)

レポート
「Windowsエラー報告」を不正侵入に悪用? 進化する標的型攻撃に挑むには
 特定組織を狙う標的型攻撃は、洋の東西を問わず鎮静化の気配がない。不特定多数を狙った攻撃とは異なり、攻撃者はマルウェアやメール文面などを標的ごとに巧妙に変え、確実な攻撃成功を図る。従来型セキュリティ対策の網の目をかいくぐる攻撃も多く、対策は一筋縄には行...(2015/5/27 提供:株式会社シマンテック)

レポート
3大セキュリティベンダーが“リーダー”ではなくなる日
 「ファイアウォールや侵入検知システム(IDS)、侵入防御システム(IPS)、マルウェア対策などの従来技術では、標的型攻撃は検知できない」――。米IT調査会社Gartner副社長のニール・マクドナルド氏は、こう指摘する。 標的型攻撃では、未知のマルウェアが利用される...(2015/5/28 提供:アイティメディア株式会社)

Loading