UTM 注目の事例・比較・解説記事

ユーザー企業のIT担当者を対象に、IT製品/サービスの導入・購買に役立つ情報を提供する無料の会員制メディア「TechTargetジャパン」。このコンテンツでは、UTMに関する事例、比較、解説の記事を紹介します。製品/サービス選定の参考にご覧ください(リンク先のページはPR記事を含みます)。

UTM関連の解説

次世代ファイアウォールの花形機能、「アプリ識別」とは?

アプリケーション単位でトラフィックを認識して制御する「アプリケーション識別機能」は、次世代ファイアウォールのウリの1つだ。具体的にどう役立つのか? 詳細に説明する。

Webの脅威を払拭するゲートウェイセキュリティ

社内システムを危険にさらすサイバー攻撃。その有効な対策となるのが、ファイアウォールをはじめとするゲートウェイセキュリティ製品だ。その最新像を示す。

10億ドル市場に急成長、「UTM」はなぜ売れるのか

統合脅威管理(UTM)市場が活況を呈している。市場規模は既に10億ドルの大台を突破し、今後も成長が続く見通しだ。背景には、マネージドサービスの普及やコスト意識の高まりがある。

IIS 8で改良・強化されたCPU調整機能とSSL関連機能

Windows Server 2012に搭載されるIIS 8には、多くの強化点と新機能がある。今回はCPUサイクルの過剰消費を防ぐCPU調整機能と、管理性が向上したSSL機能について解説する。

注目の解説記事一覧へ

UTM関連の比較

「ファイアウォールさえ入れておけば安心」な時代はもう終わった

セキュリティの中核要素としての役割を担う時代もあったファイアウォール。脅威の巧妙化やIT環境の多様化を前に、その重要性に変化が起き始めている。

新種の「次世代ファイアウォール」「社内ファイアウォール」は何が新しいのか

今や代表的なセキュリティ対策の1つとなったファイアウォール。その進化や多様化は現在も続く。主要な“新顔”である「次世代ファイアウォール」「社内ファイアウォール」は、何が新しいのだろうか。

“セキュリティ製品多すぎ問題”を一掃する「UTMアプライアンス」の実力

統合脅威管理(UTM)アプライアンスを利用すれば、さまざまなセキュリティ製品の機能を1台で利用でき、管理も容易になる。UTMアプライアンスの機能と、具体的なメリットを紹介する。

“危険なLAN”を払拭する「ネットワークセキュリティ」

企業システムの足回りであるネットワークを安全にしたい――。こうした声に応えるのが「ネットワークセキュリティ製品」だ。製品理解と動向把握に役立つ記事を紹介する。

注目の比較記事一覧へ

[an error occurred while processing this directive](none)