2007年12月12日 20時23分 公開
ニュース

日本ビジネスオブジェクツ、レポート作成ツール「Crystal Reports」の最新版を発売NEWS

What if分析モデルやFlashファイルとの統合機能を搭載した、動的レポーティングソリューション「Crystal Reports 2008」を出荷開始

[TechTarget]

 日本ビジネスオブジェクツは12月12日、同社のビジネスインテリジェンス(BI)製品の動的レポーティングソリューションの最新版「Crystal Reports 2008」の出荷を開始した。

 新版では、対話型のレポーティング機能により、データベースへの照会や新しいレポートの作成依頼を繰り返すことなく、対話的に情報を探索できるようになった。また、レポート上での「What if分析モデル」や同一レポート内での多様な観点からの情報表示を実現したという。

 「Xcelsius」や「Adobe Flex」で作成されたFlashファイルをレポート内に統合可能になり、よりビジュアルなレポートを作成できるようになった。また、XMLエクスポートなどの機能により、レポートをほとんどすべての業界標準書式に設定することも可能。新しいWebサービスのデータドライバにより多くのデータにアクセスしやすくなっため、テーブル内のレポートへ計算済みフィールドを追加する際のカスタムコード作成の時間を短縮できるとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news010.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

news098.jpg

なぜサブスクリプションは失敗するのか?(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。