2006年04月12日 10時07分 公開
特集/連載

ID管理/アクセス管理システムの導入ステップ PART2Column

中堅・中小企業でのID管理/アクセス管理システムの導入ステップを解説する2回シリーズのPART2として、架空のSMBを例にして、実装段階について説明する。PART1はこちら。

[TechTarget]

 PART1では、中堅・中小企業(SMB)でアクセス管理システムを導入する際の3つのステップ――評価、計画、実装/プロビジョニング――を紹介した。このPART2では、従業員800人で米国の内外に6つのオフィスを持つ架空の企業を例に、製品の選択から実装について説明しよう。

 このSMBのネットワークの主要部分は、Windows Server 2003で運用されている。その中にはすべてのファイルサーバ、データベースサーバ、電子メールシステム、そのほかのネットワークアプリケーションが含まれる。社員はデスクトップPCかノートPCを持っており、両方を持つことはない。デスクトップPCとノートPCではOSとしてWindows XP Professionalが採用されている。ノートPCを使っているのは外回りの営業担当者、数人の経営幹部、少数の在宅勤務者だ。

 このSMBでは、どんなアクセス管理製品を選択すべきだろうか?

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...