2006年04月12日 10時07分 公開
特集/連載

ID管理/アクセス管理システムの導入ステップ PART2Column

中堅・中小企業でのID管理/アクセス管理システムの導入ステップを解説する2回シリーズのPART2として、架空のSMBを例にして、実装段階について説明する。PART1はこちら。

[TechTarget]

 PART1では、中堅・中小企業(SMB)でアクセス管理システムを導入する際の3つのステップ――評価、計画、実装/プロビジョニング――を紹介した。このPART2では、従業員800人で米国の内外に6つのオフィスを持つ架空の企業を例に、製品の選択から実装について説明しよう。

 このSMBのネットワークの主要部分は、Windows Server 2003で運用されている。その中にはすべてのファイルサーバ、データベースサーバ、電子メールシステム、そのほかのネットワークアプリケーションが含まれる。社員はデスクトップPCかノートPCを持っており、両方を持つことはない。デスクトップPCとノートPCではOSとしてWindows XP Professionalが採用されている。ノートPCを使っているのは外回りの営業担当者、数人の経営幹部、少数の在宅勤務者だ。

 このSMBでは、どんなアクセス管理製品を選択すべきだろうか?

ITmedia マーケティング新着記事

news138.jpg

Brightcove、放送局レベルの品質でライブ配信イベントを実現する「Virtual Events for Business」を発表
企業やチーム単位で、安全かつ信頼性の高い放送品質のライブ配信イベントを社内外に配信。

news061.jpg

売れる仕組みは「AI」で作る(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news143.jpg

コロナ禍でのEC利用は「安さ」より「注文のしやすさ」重視の傾向――流通経済研究所調べ
全国1万人調査から分かったショッパーのネット利用の変化。