2007年09月14日 19時26分 公開
ニュース

エイチツーソフト、日本版SOX法/内部統制対応をサポートするデバイスアクセス制御の単一ポリシー版を提供NEWS

PCに接続されるあらゆるデバイスへのアクセスをデバイスクラス、メーカー型番、固体シリアル番号などを指定して制御

[TechTarget]

 エイチツーソフト(※)は9月14日、デバイスアクセス制御による日本版SOX法対応のセキュリティソリューション「H2softデバイスコントロール」の単一ポリシーバージョン「H2softデバイスコントロール・スタンダード版」を発売すると発表した。

 本製品は、共通化したポリシーをネットワーク内全体に適用する仕様となっており、PCに接続されるあらゆるデバイスへのアクセスをデバイスクラス、メーカー型番、固体シリアル番号などを指定して制御でき、さらにはデバイスの暗号化も可能だという。これにより、社内全体での情報の持ち出し/持ち込みを完全にコントロールでき、持ち出し時の紛失/盗難対策も取れるとしている。

 許可を与えたデバイス以外は一切使用できない「ホワイトリスト方式」を基本概念としているため、企業や個人による独自開発の機器なども例外なく制御可能。価格は1クライアント5200円からで、トライアル版も用意される。

(※)エイチツーソフトはロックインターナショナルとよんどしぃの業務提携によるソフトウェア事業のブランド名

関連ホワイトペーパー

アクセス制御 | 内部統制 | SOX法 | 情報漏洩 | 暗号化


ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...