2007年11月09日 15時09分 公開
特集/連載

SSO(シングルサインオン)Keywords

[TechTarget]

 SSO(シングルサインオン)とは、ユーザーが1つの名前とパスワードを入力するだけで複数のアプリケーションへのアクセスを可能にするセッション/ユーザー認証プロセスである。このプロセスは、ユーザーが権限を与えられているすべてのアプリケーションに対してユーザーを認証する。ユーザーが特定のセッション中にアプリケーションを切り替えたときでも、新たに認証を要求することはない。

 電子商取引では、シングルサインオンはユーザーの財務情報を1台のサーバで一元管理するために利用される。これはユーザーの利便性のためだけではない。クレジットカード番号などの重要な情報を入力しなければならない回数が減ることで、セキュリティの向上にもつながる。Microsoftのシングルサインオンサービス「Passport」は、ユーザーが財務情報を一度登録すれば複数のWebサイトで買い物ができるWebベースのシングルサインオンを利用するというトレンドの拡大を示す一例だと言える。

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...