SSO(シングルサインオン)Keywords

2007年11月09日 15時09分 公開
[TechTarget]

 SSO(シングルサインオン)とは、ユーザーが1つの名前とパスワードを入力するだけで複数のアプリケーションへのアクセスを可能にするセッション/ユーザー認証プロセスである。このプロセスは、ユーザーが権限を与えられているすべてのアプリケーションに対してユーザーを認証する。ユーザーが特定のセッション中にアプリケーションを切り替えたときでも、新たに認証を要求することはない。

 電子商取引では、シングルサインオンはユーザーの財務情報を1台のサーバで一元管理するために利用される。これはユーザーの利便性のためだけではない。クレジットカード番号などの重要な情報を入力しなければならない回数が減ることで、セキュリティの向上にもつながる。Microsoftのシングルサインオンサービス「Passport」は、ユーザーが財務情報を一度登録すれば複数のWebサイトで買い物ができるWebベースのシングルサインオンを利用するというトレンドの拡大を示す一例だと言える。

ITmedia マーケティング新着記事

news071.png

営業現場のDX、「進んでいない」が7割――Sansan調査
Sansanが実施した「営業活動における実態調査」の結果を紹介します。

news088.jpg

「アドフラウド」の現実 広告費の4分の1が不正なインプレッションにかすめ取られている
「広告費のムダ」がなぜなくならないのか、広告費をムダにしないためにはどうすればいい...

news173.png

Google Cloud Platform (GCP)上に構築したデータ基盤をCDPに 「Rtoaster insight+」に新機能
ブレインパッドは、GCP上に構築したデータ基盤をCDPに進化させる新機能を「Rtoaster insi...