2007年12月11日 18時46分 公開
ニュース

OSJと神戸デジタル・ラボ、35万円から実施できるWebサイト脆弱性診断サービスを発表NEWS

Webサイトのセキュリティ面での対応状況を診断する「Webサイトセキュリティ診断サービス」の販売。検索ページ、ECサイト、ソースコードなどを対象とした診断を行うオプションも用意

[TechTarget]

 オープンソース・ジャパン(OSJ)と神戸デジタル・ラボ(KDL)は12月11日、Webサイトの脆弱性を診断する「Webサイトセキュリティ診断サービス」の販売を開始した。

 本サービスは、KDLが提供するWebセキュリティ診断技術をベースに、Webサイトの脆弱性調査とその結果をレポートするもの。診断方法は、一般的にクラッカーの入口となる「お問い合わせ」フォームを対象に、一般ユーザーと同様に外部からアクセスし、疑似的に攻撃(ブラックボックステスト)を実施する。期間は診断事前チェックリストの提出から約2週間となっており、診断後に診断報告書および対策方針案がユーザー企業に提供される。価格は35万円/サイト(税込)。定期的な診断を望むユーザー向けに、年間4回の診断をセットにした「定期診断パッケージ」もオプションとして提供する。

 また、サイト内検索や商品検索などの検索機能を持つページを対象に診断を行う「検索・オプション」(4万円/検索条件が1種類の場合)、ECサイトの注文フォームや会員登録情報ページを対象に診断を行う「ECサイト・オプション」(30万円/1注文フォーム、事前会員登録制で会員種別数が1種類の場合)、利用しているソースコードを対象としたセキュリティ診断サービス「ソースコード解析オプション」(個別見積もり)など、各種オプションも用意している。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...