2008年05月07日 20時20分 公開
ニュース

松下電工ISがウティマコの情報漏えい防止ソリューションを国内販売NEWS

ウティマコと販売代理店契約を締結し、情報漏えい防止ソリューションソフトウェア「SafeGuard(セーフガード)」シリーズ6製品の販売を開始した。

[TechTargetジャパン]

 松下電工インフォメーションシステムズ(以下、松下電工IS)は5月7日、ドイツに本社を置くデータセキュリティ企業であるウティマコ セーフウェア(以下、ウティマコ)の日本法人と販売代理店契約を締結し、情報漏えい防止ソリューションソフトウェア「セーフガード(SafeGuard)」シリーズの販売を開始した。

 セーフガードシリーズは、PC、サーバ、スマートフォン、リムーバブルメディアなどの各種機器の盗難や紛失、ネットワークへの不正アクセスなどによる情報漏えいを、暗号化と認証機能により防止するデータセキュリティソリューション。今回の販売代理店契約により、松下電工ISが販売するウティマコ製品は「SafeGuard Enterprise(セーフガード エンタープライズ)」「SafeGuard PDA(セーフガード ピーディーエー)」「SafeGuard Easy(セーフガード イージー)」「SafeGuard RemovableMedia(セーフガード リムーバブルメディア)」「SafeGuard LanCrypt(セーフガード ランクリプト)」「SafeGuard Private Disk(セーフガード プライベートディスク)」の6製品となる。

 松下電工ISは情報セキュリティソリューション「ONMITSU II」を販売しているが、今回セーフガードシリーズが同社の販売ラインアップに加わったことにより、顧客の幅広いニーズにさらに柔軟に対応できるようになったとしている。

 同社では、セーフガードシリーズ全体の販売計画として、1年間で1億円の売り上げを見込んでいる。

関連ホワイトペーパー

情報漏洩 | 暗号化 | 不正アクセス | 認証


ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。