2008年10月24日 09時00分 公開
ニュース

IPAが脆弱性DB検索ツール公開、見たいセキュリティ情報がより探しやすくNEWS

ユーザーが検索条件を設定することで、JVNの膨大な脆弱性情報データベースから必要な情報のみを簡単に取り出せるツールを新たに開発した。

[TechTargetジャパン]

 情報処理推進機構(IPA)は10月23日、IPAが公開する脆弱性情報データベース「JVN iPedia」から必要な情報を収集しやすくするツール「MyJVN」を開発したと発表した。同日より公開、Web上で利用できる。

 JVN iPediaはIPAが2007年4月より公開開始した国内向けの脆弱性対策情報データベースで、10月23日現在ソフトウェアなどに関する5400件以上の情報が登録されている。Webサイト上で目的のソフトウェアの製品名やキーワードを入力して脆弱性情報を調べることができるが、IPAでは小中規模組織のユーザーが自身に関係する情報だけをより効率的に収集できるよう、MyJVNを開発。フィルタリングの条件設定やチェックリスト機能、自動再検索機能などの便利な機能を実装した。

画像 ツール初回起動時に「既定」を選択しても、後から検索条件を変更することが可能

 ツール初回起動時には、主立ったベンダー製品やフィルタリング条件があらかじめ設定された「既定」と、任意に製品、フィルタリング条件を選ぶ「カスタム」の2種類から選択する。カスタムでは、フィルタリング条件としてベンダー製品や、IPAが導入する脆弱性評価システム(CVSS)に基づくセキュリティの「深刻度」をはじめ、「脆弱性発見日」「脆弱性更新日」「検索結果表示件数」を指定可能。また、検索結果をチェックリストとして表示し、情報発行日や脆弱性情報IDを基準に並び替えをしたり印刷したりできる。

 このほかIPAでは、ソフトウェア製品名を記述するための共通基準であるCPE(Common Platform Enumeration:共通プラットフォーム一覧)をJVNに適用し、客観的かつ効率的な脆弱性情報利用基盤の整備を進めるとしている。


ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

バーガーキングがまた発明 “ワッパー生成AI”でブランドの伝統を現代に
Burger Kingが米国で開始した生成AIを使ったユニークなコンテストは、カスタマイズできる...

news068.png

営業担当者が顧客とのやりとりに使っている時間は業務時間の54%――HubSpot Japan調査
日本の法人営業担当者は顧客と接する時間を「1日にあと25分」増やしたいと考えています。

news023.jpg

Google「プライバシーサンドボックス」は今どうなっている? ポストCookie代替案の現状を整理する
2024年はいよいよGoogleがWebブラウザ「Chrome」におけるサードパーティーCookieのサポー...