2010年12月17日 08時00分 公開
特集/連載

適正評価でクラウド事業者にプレッシャーをかけよ米ボーイングのクラウド採用はセキュリティが最優先

技術的には実現可能でも、Boeingの複雑な組織構造の中でクラウドコンピューティングを推進するのは困難を極めた。

[Carl Brooks,TechTarget]

 数年前、BoeingのITセキュリティ専門家、E・J・ジョーンズ氏には名案があった。ソースコード検証アプリケーションを自分の手元からAmazon Web Services(AWS)に移したいと思ったのだ。AWSなら同アプリに最適で、自分のニーズに完ぺきにかない、相対的には破格の料金で、社内インフラチームの負担にもならないはずだった。

 問題は、ジョーンズ氏がもともと慎重な性格だったことに加え、勤務先は何事も、特にセキュリティについては軽く受け止めることのない会社だったことだ。Boeingには、、クラウドコンピューティングの概念を組織に浸透させる手段が必要だった。ジョーンズ氏率いるITセキュリティ部門はその手段を見つける責務を担った。

 「初期のBoeingアプリの1つをクラウドに置きたかった」というジョーンズ氏が小規模のプロジェクトにクラウドコンピューティングを利用したいと思ったのは、例によってその手軽さ、安さ、速さを考えてのことだった。「われわれには帯域幅が足りない。それならクラウドを使おう」と考えた。

ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

日本が最下位――クアルトリクス「2020年 従業員エクスペリエンストレンド」レポートを読む
従業員体験(EX)は顧客体験(CX)と並ぶ重要テーマですが、日本における従業員エンゲー...

news146.jpg

2019年度の統合型マーケティング支援市場は前年度比24.3%増の見込み――ITR調査
統合型マーケティング支援市場のB2B、B2C別の規模推移および予測です。

news110.jpg

マーケティングと営業の連携、施策投下数を最優先させた「失敗体験の蓄積」という考え方――Chatwork
日本最大級のビジネスチャット「Chatwork」を提供するChatworkのMAツール活用について聞...