2013年04月09日 08時00分 公開
特集/連載

最大1.3Gbps 、ギガビットWi-Fiの多大なメリットといまだに残る疑問802.11acへの移行は慌てずじっくりと

近く標準として承認されるIEEE 802.11ac。そのスループット速度は企業のシステム活用に多大なメリットもたらすが、セキュリティリスクにはどのように対応すればよいのだろう?

[Brad Casey,TechTarget]

"ギガビットWi-Fi"がもたらす多大なメリットとリスク

 ここ数カ月の間、近く標準として承認されるIEEE 802.11ac規格関連のニュースが相次いでいる。IT業界の多くの人が、802.11ac("ギガビットWi-Fi"とも呼ばれる)のスループット速度がもたらす、無限にも思える可能性に大きな期待を寄せている。

 802.11acのデータ伝送速度は、使用される空間ストリームの数に左右されるが、理論上は最大1.3Gbpsに達すると報告されている。IEEE 802.11nの最大スループット速度が450Mbpsであることを考えれば、帯域を食うと思われてきたアプリケーションに802.11acがもたらす効果はよく分かる。

 だが、こうした無線技術の進化について、「話がうま過ぎるのではないか」と思う人もいるかもしれない。期待は高まる一方だが、疑問も残る。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...