2013年04月09日 08時00分 公開
特集/連載

最大1.3Gbps 、ギガビットWi-Fiの多大なメリットといまだに残る疑問802.11acへの移行は慌てずじっくりと

近く標準として承認されるIEEE 802.11ac。そのスループット速度は企業のシステム活用に多大なメリットもたらすが、セキュリティリスクにはどのように対応すればよいのだろう?

[Brad Casey,TechTarget]

"ギガビットWi-Fi"がもたらす多大なメリットとリスク

 ここ数カ月の間、近く標準として承認されるIEEE 802.11ac規格関連のニュースが相次いでいる。IT業界の多くの人が、802.11ac("ギガビットWi-Fi"とも呼ばれる)のスループット速度がもたらす、無限にも思える可能性に大きな期待を寄せている。

 802.11acのデータ伝送速度は、使用される空間ストリームの数に左右されるが、理論上は最大1.3Gbpsに達すると報告されている。IEEE 802.11nの最大スループット速度が450Mbpsであることを考えれば、帯域を食うと思われてきたアプリケーションに802.11acがもたらす効果はよく分かる。

 だが、こうした無線技術の進化について、「話がうま過ぎるのではないか」と思う人もいるかもしれない。期待は高まる一方だが、疑問も残る。

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...