2013年04月18日 23時15分 公開
ニュース

「競合と同性能で価格が10分の1」、フォーティネットがUTM4種発表NEWS

フォーティネットジャパンは、消費電力を抑えつつパフォーマンスを高めた統合脅威管理(UTM)製品を発表。競合他社と比べて安価に導入できることを訴求する。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

 フォーティネットジャパンは2013年4月18日、ファイアウォールや侵入防止(IPS)機能のパフォーマンスを高めた統合脅威管理(UTM)の新製品4種を販売開始した。各製品とも、同社が独自開発する最新の特定用途向けIC(ASIC)を搭載し、汎用プロセッサと比べて消費電力を抑えた。製品価格も安価に抑え、競合他者からの乗り換えを促す。

 シグネチャのマッチング処理などを担うコンテンツプロセッサ「FortiASIC CP8」、ファイアウォールの高速化処理などを担うネットワークプロセッサ「FortiASIC NP4」を搭載する4種のUTM製品をそろえた。CP8とNP4は消費電力の小ささがウリであり、CP8で3.5W、NP4で10Wである。一般的なサーバ用の汎用プロセッサと比べて「10分の1程度に抑えた」(プロダクトマネージメント部部長の伊藤憲治氏)。

 発表した4製品の概要は、次の通り。

  • FortiGate-3600C:大規模サービスプロバイダー向けのアプライアンス。スループットは、ファイアウォールの場合60Gbps、IPSで14Gbps。CP8を2個、NP4を3個搭載
写真 大規模サービスプロバイダー向けの「FortiGate-3600C」

  • FortiGate-3240C:大企業向けのアプライアンス。スループットは、ファイアウォールの場合40Gbps、IPSで8Gbps。CP8を1個、NP4を2個搭載
写真 大企業向けの「FortiGate-3240C」

  • FortiGate-800C:中堅企業向けのアプライアンス。スループットは、ファイアウォールの場合20Gbps、IPSで6Gbps。CP8を1個、NP4を1個搭載
写真 中堅企業向けの「FortiGate-800C」

  • FortiGate-5001C:大規模サービスプロバイダー向けのブレードサーバシステム「FortiGate-5000シリーズ」向けのブレードサーバ。スループットは、ファイアウォールの場合40Gbps、IPSで9.8Gbps。CP8を1個、NP4を2個搭載

 各製品はパートナー経由で販売する。価格は、保守サポート込みでユーザー数無制限の「H/W+バンドル」の場合、FortiGate-3600Cが1900万8000円、FortiGate-3240Cが1239万6000円、FortiGate-800Cが385万8000円、FortiGate-5001Cが2217万2000円。同等のパフォーマンスを備えた他社製UTM製品と比べた場合、「3分の1から10分の1のコストで導入できる」(伊藤氏)と説明する。

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2021年8月)
マーケティングオートメーション(MA)ツールの顧客ドメイン数ランキングを紹介します。

news101.jpg

「日本企業的DX」の神髄(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。