クラウドサービスを業務システムに生かす、SaaS型データ連係「SkyOnDemand」クラウド時代のデータ連係製品紹介:テラスカイ

急速に拡大するクラウド連係へのニーズ。それに対応するのがEAIツールである。本稿では、「クラウドの連係はクラウドで解決」を提唱するテラスカイの「SkyOnDemand」を紹介する。

2013年10月21日 08時00分 公開
[荒井亜子,TechTargetジャパン]

 企業にクラウドコンピューティングが浸透するにつれ、社内システムとの関わりが無視できなくなってきた。クラウドサービスは単に、テスト/開発環境や、外向けのWebサービス、社内LANとは切り離された特定業務向けアプリケーションで使われるだけでなく、ユーザー企業の業務システムの一部としても注目されている。

 「クラウドサービスを基幹システムのデータと連係して使用したい(ただし、全てのデータをクラウドに預けるのは不安だ)」「目的に応じて、複数のクラウドサービス同士を連係させたい」――このように、クラウドサービスを社内システムや他のクラウドサービスと連係させてデータをやりとりしたいといったニーズが一般的になりつつある。

 その際、ユーザーは、つなぐシステムの数が増えても、特別なコーディングや開発をすることなくシステム連係ができることを期待するだろう。それを実現するのがEAI(Enterprise Application Integration)ツールだ。昨今のEAIツールは、オンプレミス同士の連係だけでなく、クラウドサービスにも対応した製品が増えている。

 ただし、クラウドサービスとデータ連係をするEAIツールといっても、その提供形態はオンプレミス型のパッケージソフトが多い。故に、ユーザー企業が自社のサーバもしくはベンダーの専有環境にEAIツールを導入することになる。当然、サーバ費用や保守・運用の手間はユーザー企業にのしかかる。

 そこで今回は、テラスカイが提供するSaaS(Software as a Service)型データ連係サービス「SkyOnDemand」を紹介する。数あるEAIツールの中でも、月額料金で利用できるクラウドサービスという点が珍しい。

概要

 テラスカイには既にパッケージ版のEAIツール「DCSpider」がある。SkyOnDemandは、DCSpiderのクラウド版に当たる。DCSpider同様、エンジンはアプレッソの「DataSpider」を利用しており、(DCSpiderとSkyOnDemandは)ほぼ同じ機能を実現している。では、SkyOnDemandには、パッケージ版のDCSpiderや、DataSpiderといった他社製品に対して、どのような差別化ポイントがあるのか。以下では、SkyOnDemandの特徴を紹介する。

DCSpiderとSkyOnDemand

1.クラウドならではの料金体系と機能

ITmedia マーケティング新着記事

news116.jpg

AIを活用して広告クリエイティブの成果を予測 Macbee Planetが新モデルを開発
Macbee Planetは、AIを活用した広告クリエイティブの成果予測モデルを開発した。

news106.jpg

KDDIが取り組む3000万人規模のパーソナライゼーション データ基盤とAIの使いどころは?
AI時代のマーケターの悲願である「ハイパーパーソナライゼーション」に果敢に挑むのがKDD...

news046.jpg

ドクターペッパーが米炭酸飲料市場2位に躍進――ペプシ超えを成し遂げたすごいマーケティング【後編】
「選ばれし者の知的飲料」として知られ、確固としたファンベースを築いたDr Pepper。新た...