2014年01月23日 08時00分 UPDATE
特集/連載

米ITベンダーなど350社に調査クラウドサービス導入を決めた「ひと声」、ベンダー調査で明らかに

中堅・中小企業の多くは、クラウドを使ったデータ保護にさまざまな懸念を寄せている。だが、データ損失やダウンタイムなどを機に、クラウドバックアップを導入する企業もあるようだ。米国の調査リポートを紹介する。

[Bianca Rawson,TechTarget]

 中堅・中小企業(SMB)は、自社データの保護に対する関心を強めている。だが、ソリューションプロバイダー各社は、クラウドバックアップサービスについては積極的な販売アプローチを展開しておらず、代わりに、データ侵害やダウンタイム、データセキュリティに関する懸念などを顧客との会話のきっかけにしている。

 これは、クラウドバックアッププロバイダーの米Intronisがコンサルティング会社の米The 2112 Groupと共同で最近実施した調査結果による。この調査「2013 State of Cloud Backup(2013年のクラウドバックアップの導入状況)」は、マネージドサービスプロバイダー(MSP)や付加価値再販業者(VAR)、システムインテグレーター(SIer)、ITソリューションベンダーなど、計350社を対象に行われた。

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

参加したくなるTwitterキャンペーンの条件――コムニコ調べ
売り上げ増やブランド好意度向上に有効なTwitterキャンペーンとはどのようなものでしょう...

news109.jpg

購買データ分析で見る「不足しがちな栄養素」は?――シルタス調べ
スーパーで買い物をしているユーザーの購買データから不足しがちな栄養素と充足している...

news110.jpg

大企業のデジタルマーケティング取り組み実態――富士通総研調査
大企業においてデジタルマーケティングの成果を出すポイントとは。