モバイル製品、2013年の「勝ち組と負け組」をあえて示す見えてきた製品、技術の勝敗

企業で続々と利用されて始めているコンシューマー発祥の技術。だが、本当に定着しつつある「勝ち組製品」と、ユーザーに見放される「負け組製品」が生まれている。モバイルの勝ち組、負け組を独断で選んでみた。

2014年02月05日 08時00分 公開
[TechTarget]

 2012年にブレイクしたコンシューマライゼーションは、2013年に完全にその地位を確立したが、明暗が分かれる結果となった。

 従来のITのベンダーの中には、なかなか適応できずにいるベンダーもいれば、先を越されまいと積極的に買収や新技術の開発を進めているベンダーもいる。本稿では、コンシューマライゼーション関連の技術、ベンダー、製品のうち、2013年を好調のうちに締めくくったものと、2014年に厳しい戦いが待ち受けているものを幾つかピックアップした。

負け組:Windows RT

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。