2013年11月15日 08時00分 公開
特集/連載

知らないと恥ずかしい2014年の「10大ITトレンド」“コミュ力”もランクイン

2014年、IT業界や技術開発はどのような方向に進むのか。米Gartnerのアナリストが2014年に考えるべき、10のITトレンドを挙げた。

[Nicole Laskowski,TechTarget]

「仮想化は、ITのアジリティ(俊敏性)を高める上で今後も重要な役割を果たす。ITへの要求は増大している。ITスキルは変化している」。米Gartnerのアナリスト、デビッド・カプチーオ氏は、企業のITインフラおよびオペレーション戦略に最も影響すると同氏が考えるトレンドをそう要約した。同氏は2013年10月に米フロリダ州オーランドで開催されたGartner Symposium/ITxpo 2013で講演し、最高情報責任者(CIO)が2014年のIT戦略の策定に当たって考慮すべき10の技術トレンドを説明した(その中には実証済みの技術も新しい技術も含まれる)。

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

「日本企業的DX」の神髄(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。