2013年12月06日 08時00分 公開
特集/連載

2014年のモバイルトレンドを占う6つの数字数字から見えるモバイルの将来

2014年、企業でのモバイル活用の形はどう変わるのだろうか? 将来を見通すには、現状を正確に把握することが近道だ。各種統計から得た主要な数字を基に、モバイルの明日を占う。

[Alyssa Wood,TechTarget]

 私物端末にインストールされているアプリケーションの数を知ったら、読者は驚くかもしれない。しかし、2014年のタブレットとクライアントPCの予想出荷台数を知ったら、もっと驚くだろう。

 コンシューマライゼーションがエンタープライズ市場を席巻する中、将来を占うさまざまな統計が飛び交っている。2013年11月に開催された「Consumerization of IT in the Enterprise Forum(CITE Forum)」の内容を基に、コンシューマライゼーション時代にIT担当者が直面している問題について、幾つか具体的な数字を紹介しよう。

本稿で取り上げる数字

  • 4
  • 16億
  • 1990年代
  • 41
  • 3分の2
  • 44%

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...