2014年07月02日 12時00分 公開
特集/連載

オールフラッシュストレージ、買うなら「性能重視型」か「機能重視型」か性能と機能の“いいとこ取り”も

フラッシュメモリだけでデータを保存するオールフラッシュアレイには、大きく分けて機能重視型と性能重視型の2タイプがある。どちらを選択すべきか、その選定ポイントを伝授する。

[George Crump,TechTarget]

 今ではほぼ全てのストレージベンダーが、“オールフラッシュ”のストレージアレイ(オールフラッシュアレイ)を提供している。IT担当者も、こうしたハイパフォーマンスなストレージシステムの必要性を認識し始めている。IT担当者は、数あるオールフラッシュアレイの中で、自社の要求に最適なものをどう選べばよいのか。

 オールフラッシュアレイ市場が成熟化し始める中、2大カテゴリーの存在が顕在化している。

パフォーマンス vs. 機能

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

営業デジタル化を加速するクラウド顧客獲得ツール「nocoセールス」でできること
営業の人的リソースが足りない組織が短いサイクルで顧客を効率的に獲得する仕組みを作る。

news007.jpg

富士通の「デジタルセールス」が目指すこと
この連載のタイトルにあるように、富士通はインサイドセールスのことを「デジタルセール...

news154.jpg

ナイキ vs アディダス Z世代の心をつかむアプローチの違い
有名人や人気ファッションブランドとのコラボに加え、環境や社会問題への取り組みなど、...