2014年07月02日 12時00分 UPDATE
特集/連載

性能と機能の“いいとこ取り”もオールフラッシュストレージ、買うなら「性能重視型」か「機能重視型」か

フラッシュメモリだけでデータを保存するオールフラッシュアレイには、大きく分けて機能重視型と性能重視型の2タイプがある。どちらを選択すべきか、その選定ポイントを伝授する。

[George Crump,TechTarget]
tt_tt_Flash_01.jpg

 今ではほぼ全てのストレージベンダーが、“オールフラッシュ”のストレージアレイ(オールフラッシュアレイ)を提供している。IT担当者も、こうしたハイパフォーマンスなストレージシステムの必要性を認識し始めている。IT担当者は、数あるオールフラッシュアレイの中で、自社の要求に最適なものをどう選べばよいのか。

 オールフラッシュアレイ市場が成熟化し始める中、2大カテゴリーの存在が顕在化している。

パフォーマンス vs. 機能

ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

エコ活動・SDGsへの意識 「フードロス」「廃プラスチック」に高い関心――CCC調査
エコ・環境問題への関心や関連トピックスへの認知度などを調査しています。

news115.jpg

国内アフィリエイト市場、仮想通貨やロボアドバイザー関連商材の成長で金融分野が拡大――矢野経済研究所調べ
矢野経済研究所の調査によると2019年度の国内アフィリエイト市場規模は前年度比8.7%増で...

news040.jpg

アノニマスリードへの対応からインサイドセールスまで、MAツールを使った体制を構築――ONE COMPATH
20〜40代女性を中心に利用されている国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!」を運営す...