2014年07月02日 12時00分 公開
特集/連載

オールフラッシュストレージ、買うなら「性能重視型」か「機能重視型」か性能と機能の“いいとこ取り”も

フラッシュメモリだけでデータを保存するオールフラッシュアレイには、大きく分けて機能重視型と性能重視型の2タイプがある。どちらを選択すべきか、その選定ポイントを伝授する。

[George Crump,TechTarget]

 今ではほぼ全てのストレージベンダーが、“オールフラッシュ”のストレージアレイ(オールフラッシュアレイ)を提供している。IT担当者も、こうしたハイパフォーマンスなストレージシステムの必要性を認識し始めている。IT担当者は、数あるオールフラッシュアレイの中で、自社の要求に最適なものをどう選べばよいのか。

 オールフラッシュアレイ市場が成熟化し始める中、2大カテゴリーの存在が顕在化している。

パフォーマンス vs. 機能

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...