2014年12月08日 12時00分 UPDATE
特集/連載

リスクを評価し、考えられる問題に対処する重要アプリをクラウド化して後悔しないための5つのステップ

重要なアプリケーションをパブリッククラウドに移行することを乗り越えられない壁と見なす企業もある。だが、予防措置によって、極めて重要なワークロードの移行もスムーズに行うことができる。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]
tt_aa_kaigai.jpg

 パブリッククラウドは、一部の業務アプリケーションのホスティング先として好評を博している。クラウドでは、迅速なプロビジョニングと大きなスケーラビリティが約束されている。大量のリソースを消費するワークロードは爆発的に増加しているが、このようなワークロードにうってつけで、自社のデータセンターに過度の緊張を強いることもない。だが、元来ハイブリッド/パブリッククラウドは、優先度の低いテスト中または開発中のアプリケーション用の環境として使用されてきた。それから、ある程度のダウンタイムを許容できる汎用的な業務アプリに使用される場合もある。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...