2015年07月27日 15時00分 UPDATE
特集/連載

「Box」「Dropbox」など競合にどう打ち勝つか「同期されていない……」の悲劇は減る? 「OneDrive」アップデートで向上する使い勝手 (1/2)

米Microsoftは、クラウドストレージサービス「OneDrive」の新しい同期クライアントを間もなく提供開始する。だが「Box」など競合からの乗り換えを促すには、OneDriveはあまりにMicrosoft中心のサービスかもしれない。

[Jonathan Hassell,TechTarget]
0727_kf_onedrive.jpg OneDriveの管理画面《クリックで拡大》

 米Microsoftはクラウドベースのファイル共有サービスである「OneDrive」と「OneDrive for Business」の問題点を新しい同期エンジンによって解消したい考えだ。だが新しい同期エンジンが解決するのは、競合サービスにはそもそも無縁の問題ともいえる。果たしてMicrosoftはOneDriveの新しい同期エンジンによって、ファイル共有市場における競争力を高められるのだろうか。それとも、競合サービスのレベルに追い付くにとどまるのだろうか。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news103.jpg

「InstagramよりTwitter」「脱毛に関心」他、男子大学生の実態――SHIBUYA109エンタテイメント調べ
同じ大学生でも意識や行動において男女の差は意外と大きなものがあるようです。

news113.jpg

恵方巻の予約購入派は35%、企業側は70%以上が予約販売を実施――ONE COMPATH調べ
恵方巻とフードシェアリングサービスに関する意識調査です。

news087.jpg

「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの連携は日本のプログラマティック広告をどう変えるか
「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの購買データが連携し、プログラマティック広告配信に...