2015年12月31日 08時00分 公開
特集/連載

比較して分かるIT部門の“微妙な現状” 増えた予算はどこに消えた?IT予算が増えた企業、減った企業(1/2 ページ)

米TechTargetが実施した2015年度の給与調査では、「IT部門の予算と人員数は増加または横ばい」という回答が多かったという。しかし、過去の結果と比較して分かった本当の現状とは。

[Francesca Sales,TechTarget]
Apexの公式Webサイト《クリックで拡大》

 環境コンサルティング企業の米Apexで情報システム部門のディレクターを務めているフィル・スタスコ氏は、2015年にIT部門の人員と予算が大幅に増えたと回答したITシニアリーダーの1人だ。Apexでは、IT部門の予算が前年比で20%増加しただけでなく、ITスタッフも30%増員した。

 ただし、米TechTargetが実施した「2015 Annual IT Salary and Careers Survey」という給与調査の結果では、2015年にスタスコ氏が経験したような健全な予算の増加と大幅な人員増加を、多くのITシニアリーダーが経験したわけではないことが明らかになっている。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

「エシカル」に積極的な企業は「良い印象」が9割以上――トレンダーズ調査
今後ますます注目が集まると考えられる「エシカル消費」。年代や性別ごとの意識の違いや...

news157.jpg

国内コネクテッドテレビ広告市場、2020年は102億円規模に――SMNとデジタルインファクト調査
テレビ同様の視聴体験を提供しつつインターネット広告同様に計測可能な国内コネクテッド...

news127.jpg

GAFAの序列変動やSpotify、Zoomなどの動向に注目 「Best Global Brands 2020」
世界のブランド価値評価ランキング。Appleは8年連続1位で前年2位のGoogleは4位に後退しま...