2015年12月31日 08時00分 公開
特集/連載

比較して分かるIT部門の“微妙な現状” 増えた予算はどこに消えた?IT予算が増えた企業、減った企業(1/2 ページ)

米TechTargetが実施した2015年度の給与調査では、「IT部門の予算と人員数は増加または横ばい」という回答が多かったという。しかし、過去の結果と比較して分かった本当の現状とは。

[Francesca Sales,TechTarget]
Apexの公式Webサイト《クリックで拡大》

 環境コンサルティング企業の米Apexで情報システム部門のディレクターを務めているフィル・スタスコ氏は、2015年にIT部門の人員と予算が大幅に増えたと回答したITシニアリーダーの1人だ。Apexでは、IT部門の予算が前年比で20%増加しただけでなく、ITスタッフも30%増員した。

 ただし、米TechTargetが実施した「2015 Annual IT Salary and Careers Survey」という給与調査の結果では、2015年にスタスコ氏が経験したような健全な予算の増加と大幅な人員増加を、多くのITシニアリーダーが経験したわけではないことが明らかになっている。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news175.jpg

ネトフリ「広告付きプラン」は誰得? 業界関係者の反応は……
広告モデルへの一部移行がうわさされるNetflix。新たなプランが増えることで視聴者と広告...

news034.jpg

変革ビジョンはなぜ形骸化してしまうのか?――調査が明かした経営層と現場の社員のギャップ
掛け声ばかり勇ましくて実際の取組みは遅々として進まない――。DXに関して同じ悩みを抱...

news037.jpg

「マーケティングDX人材」を定義する
2022年、日本企業はDXのあるべき姿を実現するために、自社のマーケティングを大きく進化...