比較して分かるIT部門の“微妙な現状” 増えた予算はどこに消えた?IT予算が増えた企業、減った企業(1/2 ページ)

米TechTargetが実施した2015年度の給与調査では、「IT部門の予算と人員数は増加または横ばい」という回答が多かったという。しかし、過去の結果と比較して分かった本当の現状とは。

2015年12月31日 08時00分 公開
[Francesca SalesTechTarget]
Apexの公式Webサイト《クリックで拡大》

 環境コンサルティング企業の米Apexで情報システム部門のディレクターを務めているフィル・スタスコ氏は、2015年にIT部門の人員と予算が大幅に増えたと回答したITシニアリーダーの1人だ。Apexでは、IT部門の予算が前年比で20%増加しただけでなく、ITスタッフも30%増員した。

 ただし、米TechTargetが実施した「2015 Annual IT Salary and Careers Survey」という給与調査の結果では、2015年にスタスコ氏が経験したような健全な予算の増加と大幅な人員増加を、多くのITシニアリーダーが経験したわけではないことが明らかになっている。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「インクルーシブマーケティング」実践のポイントは? ネオマーケティングが支援サービスを提供
ネオマーケティングは、インクルーシブマーケティングの実践に向けたサービスを開始した...

news135.jpg

Xが新規アカウントに課金するとユーザーはどれほど影響を受ける? そしてそれは本当にbot対策になるのか?
Xが新規利用者を対象に、課金制を導入する方針を表明した。botの排除が目的だというが、...

news095.jpg

Googleの次世代AIモデル「Gemini 1.5」を統合 コカ・コーラやロレアルにも信頼される「WPP Open」とは?
世界最大級の広告会社であるWPPはGoogle Cloudと協業を開始した。キャンペーンの最適化、...