AWSすら青ざめる? 中国“アリババストレージ”の衝撃特選プレミアムコンテンツガイド

中国Alibaba Groupのインフラエンジニアが公開したコールドストレージエンジンでは、SDS(ソフトウェア定義ストレージ)の性能や容量の課題解決に向けた改良を進めている。

2016年03月18日 12時00分 公開
[TechTargetジャパン]
AWSすら青ざめる? 中国“アリババストレージ”の衝撃

 大手のオンライン企業が提供するデータストレージサービスが増えており、コスト削減を試みるIT担当者から注目を集めている。2015年3月11日に開催されたLinuxのストレージとファイルシステムのカンファレンス「Vault 2015」では、中国Alibaba Groupがオープンソースベースのコールドストレージエンジン「Lambert」(開発名)を公開した。

 Alibaba Groupでは、持続性の高い低価格なストレージとしてLambertを設計している。Lambertは、オープンソースソフトウェア(OSS)の分散型オブジェクトストレージ「Sheepdog Project」と低速なHDD、低電力のコモディティサーバを使用している。ほとんどアクセスしないデータを含めたEB(エクサバイト)規模のデータ容量まで拡張できるという。

 そして、これは同社のクラウドサービス「Aliyun」の基盤技術となる可能性がある。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら


ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...