2016年05月16日 15時00分 公開
特集/連載

アップグレードや製品評価にも活用12PBのデータを管理、巨大生命保険会社が勧めるストレージの選び方 (1/2)

12PB以上のデータを管理する大手生命保険会社は通常のSANやNASストレージの他に、オブジェクトストレージやハイパーコンバージドシステムを使っている。各システムをどう評価しているのか?

[Dave Raffo,TechTarget]

関連キーワード

SSD | 半導体ストレージ | NAS | SAN


New York Lifeが導入しているEMC VMAX《クリックで拡大》

 New York Life Insurance Companyが管理しているデータは12PBを超え、データは複数ベンダーのSANストレージ、NAS、オブジェクトストレージ、ハイパーコンバージドシステムに分散している。そのため、同社はストレージのテストと評価に力を入れている。

 New York Lifeのエンタープライズテクノロジー担当コーポレートバイスプレジデントを務めるデビッド・バーマン氏は、2015年にLoad DynamiXの「Load DynamiX」を購入した(なお、現在Load DynamiXはVirtual Instrumentsの傘下にある)。この製品は、ストレージの分析、検証、テストを行うツールだ。Load DynamiXのストレージ分析は、バーマン氏の管理下にあるシステムを管理し、システムをテストする一助となる。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

新型コロナウイルス感染拡大に関する不安 「経済への打撃」が「多くの死者が出ること」を上回る
McCann Worldgroupが世界14カ国で実施した意識調査の結果、政府の対応体制が「整っている...

news145.jpg

「70歳までの就労意識」をテーマとした調査を実施――富国生命調査
長期的に働く上でのリスクトップ3は「病気」「就業不能状態」「入院」。