12PBのデータを管理、巨大生命保険会社が勧めるストレージの選び方アップグレードや製品評価にも活用(1/2 ページ)

12PB以上のデータを管理する大手生命保険会社は通常のSANやNASストレージの他に、オブジェクトストレージやハイパーコンバージドシステムを使っている。各システムをどう評価しているのか?

2016年05月16日 15時00分 公開
[Dave RaffoTechTarget]

関連キーワード

SSD | 半導体ストレージ | NAS | SAN


New York Lifeが導入しているEMC VMAX《クリックで拡大》

 New York Life Insurance Companyが管理しているデータは12PBを超え、データは複数ベンダーのSANストレージ、NAS、オブジェクトストレージ、ハイパーコンバージドシステムに分散している。そのため、同社はストレージのテストと評価に力を入れている。

 New York Lifeのエンタープライズテクノロジー担当コーポレートバイスプレジデントを務めるデビッド・バーマン氏は、2015年にLoad DynamiXの「Load DynamiX」を購入した(なお、現在Load DynamiXはVirtual Instrumentsの傘下にある)。この製品は、ストレージの分析、検証、テストを行うツールだ。Load DynamiXのストレージ分析は、バーマン氏の管理下にあるシステムを管理し、システムをテストする一助となる。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news078.jpg

マーケティングツール活用にまつわる3つの課題とは? ――インキュデータ調査
マーケティングツールを利用する企業は多いものの、利用企業はツールをうまく使いこなせ...

news205.png

広告の「No.1」表記の実態 購入動機の約60%に影響
GMOリサーチ&AIは広告の「No.1」表記に対する消費者の捉え方を把握するために調査を実施...

news188.png

香り体験をデジタル化する「香りリテールメディア」 東芝テックとスコープが提供開始
店頭に香りリテールメディア用のタブレットと香料噴射器が付いた商品棚を設置して、消費...