2016年06月30日 07時00分 UPDATE
特集/連載

いずれ利用範囲が拡大するデスクトップ管理者が「Raspberry Pi」を急いで試すべき理由 (1/2)

「Raspberry Pi」があなたのオフィスにやってくるかもしれない。これがどのようなデバイスであり、どう扱えばいいのかを急いで検討する必要がある。

[Rob Reilly,TechTarget]
「Raspberry Pi 2」(出典:英Raspberry Pi Foundationのブログ)《クリックで拡大》

 小型センサーモジュールや遠隔計測装置、「Raspberry Pi」などの組み込み型コンピュータが、さまざまな形で徐々に企業内に進出しつつある。こうしたデバイスはデスクトップ管理者の管轄下に入る可能性があるため、管理者はこれらの技術の理解を深めて準備を整える必要がある。

 全般的な視点からいえば、物理コンポーネントに関する知識が重要だ。管理者がフルタイムのハードウェア設計担当者になる必要はない。だがソフトウェアに関する専門知識を生かし、ハードウェア、そしてセンサーおよび出力の仕組みを実際に体験すれば、管理者への信頼が高まるだろう。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

「TikTok Ads」2019年の振り返りと2020年の展望
もう「踊ってみた」動画だけではない。急成長する広告配信プラットフォーム「TikTok Ads...

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...