2016年06月30日 07時00分 UPDATE
特集/連載

いずれ利用範囲が拡大するデスクトップ管理者が「Raspberry Pi」を急いで試すべき理由 (1/2)

「Raspberry Pi」があなたのオフィスにやってくるかもしれない。これがどのようなデバイスであり、どう扱えばいいのかを急いで検討する必要がある。

[Rob Reilly,TechTarget]
「Raspberry Pi 2」(出典:英Raspberry Pi Foundationのブログ)《クリックで拡大》

 小型センサーモジュールや遠隔計測装置、「Raspberry Pi」などの組み込み型コンピュータが、さまざまな形で徐々に企業内に進出しつつある。こうしたデバイスはデスクトップ管理者の管轄下に入る可能性があるため、管理者はこれらの技術の理解を深めて準備を整える必要がある。

 全般的な視点からいえば、物理コンポーネントに関する知識が重要だ。管理者がフルタイムのハードウェア設計担当者になる必要はない。だがソフトウェアに関する専門知識を生かし、ハードウェア、そしてセンサーおよび出力の仕組みを実際に体験すれば、管理者への信頼が高まるだろう。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...