2016年05月19日 07時00分 公開
特集/連載

「Raspberry Pi」を理想の仮想デスクトップ端末に、そのサイズを超えたメリットとはChromebookでの利用も広がるVDI(1/2 ページ)

VDIで使用されることが多い安価なクライアント端末のメリットは、コスト削減にとどまらない。「Raspberry Pi」のような端末では、セキュリティも強化でき、エンドポイント管理が容易になる。

[Brien Posey,TechTarget]
「Raspberry Pi 2」(出典:英Raspberry Pi Foundationのブログ)《クリックで拡大》

 仮想デスクトップインフラ(VDI)を使うメリットの1つは、「Raspberry Pi」「Google Chromebook」のような安価なシンクライアントでさえも、従来型のPCに比べて安全性や管理性が向上する点にある。

 VDI用のクライアント端末には、例えばファットクライアントやタブレットなど多数の選択肢があり、それぞれにメリット/デメリットがある。だが多くの組織では、シンクライアントやゼロクライアントといった低価格のクライアント端末でVDI導入を実現しているといえる。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。