2016年08月08日 12時00分 UPDATE
特集/連載

SSDがあの名門コースを支えているゴルフの聖地を守るためHDDを捨ててオールフラッシュを導入した“なるほど”な理由 (1/2)

全米ゴルフコース管理者協会が、基幹システムをオールフラッシュアレイに移行した。IT部門の責任者は、冷静に試算した上で「HDDに投資する意味はない」と断言している。

[Carol Sliwa,TechTarget]
GCSAAはゴルフ場のメンテナンスを行う管理者の協会だ。Webサイトには多数の動画コンテンツを用意している

 全米ゴルフコース管理者協会(Golf Course Superintendents Association of America:以下、GCSAA)は、同団体でIT部門のディレクターを務めるランバート・トメルダン氏が実権を握っている限り、運用データに関して回転式ディスク(HDD)ベースのストレージに戻ることは二度とない。

 GCSAAでは、VMwareの「VMware Horizon」仮想デスクトップインフラ(VDI)と他のアプリケーションを2014年から2年間にわたって「EMC XtremIO」でホストしている。その結果、EMC XtremIOの処理能力と効率は、コストが高くなってもオールフラッシュアレイの利点が勝るとトメルダン氏は確信している。

 それに加え、フラッシュの価格が下がっていることもあり、GCSAAでは、フラッシュと同等の処理能力を実現するのに必要な量のHDDストレージに投資するのではなくフラッシュへの投資が実際のところ節約効果は高いというのがトメルダン氏の見解だ。

「フラッシュ化を進めることに夢中になっている。もうHDDは購入しないだろう」(トメルダン氏)

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

UberとLinkedInが初ランクイン テクノロジーブランドはなぜ強い?――「Best Global Brands 2019」
世界のブランド価値評価ランキング「Best Global Brands 2019」トップ3は不動のApple、Go...

news033.jpg

社名に「令和」を含む企業は全国で何社ある?――東京商工リサーチ調べ
即位礼正殿の儀を前に新設法人334社、社名変更で97社の「令和」企業が生まれています。

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...