2016年02月26日 12時00分 公開
特集/連載

拡大するサーバ内蔵SSDHDDをSSDに置き換えない理由はない――“速くて安い”で急速に普及 (1/3)

サーバ内蔵SSDの時代が来ている。多くの場合、SSDの導入によってサーバの新規購入が抑制できるため、SSDの購入費用は回収できる。サーバのストレージをHDDからSSDに移行しない理由はもうない。

[Jim O'Reilly,TechTarget]

 2016年には、サーバ分野でもHDDの出番がなくなっていきそうだ。

 SSD(ソリッドステートドライブ)が飛躍の時を迎えているからだ。従来の回転式HDDと比べて、SSDはレイテンシがはるかに低く、IOPS(1秒当たりのI/O)が1000倍に達し、スループットも3〜5倍に上る。価格競争力も同等以上になっていることから、サーバ内蔵SSDは早ければ2016年にも、内蔵ストレージとしてHDDに急速に取って代わる可能性がある。

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news139.jpg

新型コロナウイルスの感染拡大で注目される「巣ごもり消費」に関する意識――カンム調査
外出控えムードの中、消費意欲は「自宅でのエンタメ」に向かっているようです。

news091.jpg

オンライン医療が進む中国と台湾、日本 iOS「メディカル」アプリ最新人気ランキング
今回は、2020年2月度における中国、台湾、日本市場におけるiOS「メディカル」モバイルア...

news137.jpg

SDGsへの取り組みが最も高く評価された企業はトヨタ自動車――ブランド総合研究所調査
国内の主力企業のSDGsへの取り組みやESG活動に対して1万500人に聞いています。