HDDをSSDに置き換えない理由はない――“速くて安い”で急速に普及拡大するサーバ内蔵SSD(1/3 ページ)

サーバ内蔵SSDの時代が来ている。多くの場合、SSDの導入によってサーバの新規購入が抑制できるため、SSDの購入費用は回収できる。サーバのストレージをHDDからSSDに移行しない理由はもうない。

2016年02月26日 12時00分 公開
[Jim O'ReillyTechTarget]

 2016年には、サーバ分野でもHDDの出番がなくなっていきそうだ。

 SSD(ソリッドステートドライブ)が飛躍の時を迎えているからだ。従来の回転式HDDと比べて、SSDはレイテンシがはるかに低く、IOPS(1秒当たりのI/O)が1000倍に達し、スループットも3〜5倍に上る。価格競争力も同等以上になっていることから、サーバ内蔵SSDは早ければ2016年にも、内蔵ストレージとしてHDDに急速に取って代わる可能性がある。

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...

news182.jpg

中小企業のマーケティングDX 取り組みが進まない理由は?
トライベックの2024年最新版「中小企業DX実態調査」の結果、さまざまな課題が浮き彫りに...