2016年10月20日 12時00分 UPDATE
特集/連載

「SCCM」と「Intune」で一元管理「Windows 10」端末管理が楽になる、Microsoft製エンドポイント管理ツールの組み合わせ

「Microsoft System Center Configuration Manager」(SCCM)と「Microsoft Intune」の組み合わせで「Windows 10」の一元管理プラットフォームが出来上がる。IT管理者にとっての恩恵はどのようなものだろうか。

[Ed Tittel,TechTarget]
Microsoft Intune Microsoft Intune(画像は日本マイクロソフトの公式Webサイトから)《クリックで拡大》

 「Microsoft System Center Configuration Manager」(SCCM)とデバイス管理プラットフォームの「Microsoft Intune」は、新しいコネクタコンポーネントのおかげで完全な補完性が実証されている。

 「Windows 10」は2015年7月のリリースから1年以上たち、企業にもある程度浸透してきた。だが何らかの正式な管理インフラなしにWindows 10を本番環境に導入しているケースはほとんどない。多くの場合、社内への導入にはSCCMを利用している。

ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

エコ活動・SDGsへの意識 「フードロス」「廃プラスチック」に高い関心――CCC調査
エコ・環境問題への関心や関連トピックスへの認知度などを調査しています。

news115.jpg

国内アフィリエイト市場、仮想通貨やロボアドバイザー関連商材の成長で金融分野が拡大――矢野経済研究所調べ
矢野経済研究所の調査によると2019年度の国内アフィリエイト市場規模は前年度比8.7%増で...

news040.jpg

アノニマスリードへの対応からインサイドセールスまで、MAツールを使った体制を構築――ONE COMPATH
20〜40代女性を中心に利用されている国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!」を運営す...