2016年10月20日 12時00分 公開
特集/連載

「Windows 10」端末管理が楽になる、Microsoft製エンドポイント管理ツールの組み合わせ「SCCM」と「Intune」で一元管理

「Microsoft System Center Configuration Manager」(SCCM)と「Microsoft Intune」の組み合わせで「Windows 10」の一元管理プラットフォームが出来上がる。IT管理者にとっての恩恵はどのようなものだろうか。

[Ed Tittel,TechTarget]
Microsoft Intune Microsoft Intune(画像は日本マイクロソフトの公式Webサイトから)《クリックで拡大》

 「Microsoft System Center Configuration Manager」(SCCM)とデバイス管理プラットフォームの「Microsoft Intune」は、新しいコネクタコンポーネントのおかげで完全な補完性が実証されている。

 「Windows 10」は2015年7月のリリースから1年以上たち、企業にもある程度浸透してきた。だが何らかの正式な管理インフラなしにWindows 10を本番環境に導入しているケースはほとんどない。多くの場合、社内への導入にはSCCMを利用している。

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。