2016年10月20日 12時00分 公開
特集/連載

「Windows 10」端末管理が楽になる、Microsoft製エンドポイント管理ツールの組み合わせ「SCCM」と「Intune」で一元管理

「Microsoft System Center Configuration Manager」(SCCM)と「Microsoft Intune」の組み合わせで「Windows 10」の一元管理プラットフォームが出来上がる。IT管理者にとっての恩恵はどのようなものだろうか。

[Ed Tittel,TechTarget]
Microsoft Intune Microsoft Intune(画像は日本マイクロソフトの公式Webサイトから)《クリックで拡大》

 「Microsoft System Center Configuration Manager」(SCCM)とデバイス管理プラットフォームの「Microsoft Intune」は、新しいコネクタコンポーネントのおかげで完全な補完性が実証されている。

 「Windows 10」は2015年7月のリリースから1年以上たち、企業にもある程度浸透してきた。だが何らかの正式な管理インフラなしにWindows 10を本番環境に導入しているケースはほとんどない。多くの場合、社内への導入にはSCCMを利用している。

ITmedia マーケティング新着記事

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...