ファイアウォールルール管理の自動化で手作業を廃止したEuroclearAlgoSec製品導入事例

金融取引を扱うEuroclearは、迅速性と法規制対応を高めるためファイアウォール管理の自動化に着手。ファイアウォールルールを管理していたExcelの廃止とリスク低減を実現した。

2017年04月13日 08時00分 公開
[Karl FlindersComputer Weekly]
Computer Weekly

 ポストトレード(取引成立後に行われる各種業務)のバックオフィス処理プロバイダーEuroclearは、AlgoSec製品で自社のファイアウォールを管理し、セキュリティプロセスを自動化している。

Computer Weekly日本語版 4月5日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 4月5日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 金融取引を行う企業は、マイクロ秒単位で取引する環境でアルゴリズムトレードを運用している。そのため、ポストトレード処理にも迅速性が求められる。同時に、規制の厳しい金融サービス業界ではセキュリティが最優先事項になる。

 ベルギーに本拠地を置くEuroclearは、取引成立後の金融取引を扱う。同社は、AlgoSecのセキュリティ管理スイートを使用してセキュリティの可視性を改善し、セキュリティ処理を自動化している。

 Euroclearは2012年に「AlgoSec Firewall Analyzer」を導入し、同社インフラ全体のセキュリティの可視性を高めた。2013年には「AlgoSec FireFlow」を導入してファイアウォール構成の変更管理を自動化した。この自動化プロジェクトは6カ月かけて実施され、150台のセキュリティデバイスをサポートした。

 Euroclearでセキュリティエンジニアを務めるブノワ・デルリュー氏は、フランスで開催されたカンファレンスで、ファイアウォールルールの変更によって生じる脆弱(ぜいじゃ)性を特定することは非常に難しく、現実性がないと語った。だがインフラが複雑でも、金融サービスのような規制の厳しい業界で企業を運営するにはこうした脆弱性を特定できなければならないとも指摘する。

 FireFlowを採用するまで、Euroclearはファイアウォールの変更要求を「Microsoft Excel」で文書化し、定型化していないプロセスを使って承認していた。つまり、全ての変更を手動で行っていた。このようなプロセスを採用していたため、同社が1週間に対応できる変更はせいぜい20件までだった。

続きはComputer Weekly日本語版 4月5日号にて

本記事は抄訳版です。全文は、以下でダウンロード(無料)できます。


Computer Weekly日本語版 最近のバックナンバー

Computer Weekly日本語版 3月22日号 ムーアの法則との決別

Computer Weekly日本語版 3月8日号 PC&Windows時代の終わり

Computer Weekly日本語版 2月22日号 3D NANDで飛躍するフラッシュストレージ


ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。