2017年07月24日 05時00分 公開
特集/連載

Windows 10の問題トップ5 Wi-Fi接続障害、しつこい広告表示への対処法は?プライバシー問題の暴露と根絶

Windows 10にはいまだ解決されていない幾つかの不具合が存在する。Wi-Fi接続はすぐに切断することがあり、OSの至るところで広告が表示され、Microsoftはあらゆる場所でユーザーデータを抽出している。

[Kelly M. Stewart,TechTarget]
Windows 10のラップトップモード《クリックで拡大》

 ITの専門家とユーザーは「Windows 10」のパフォーマンスに関する問題について一様に話し合っている。だが、ここで取り上げるトップ5の問題は、回避可能な最悪の事態として抜きん出ている。

Windows 10 Wi-Fi接続に関する問題の解決方法

 Windows 10のWi-Fi接続に関する問題は、企業の生産性の妨げとなっている。接続障害には主に2つ原因があり、それらに対して数多くの解決方法がある。

 Windows 7/8からWindows 10へアップグレードをしたユーザーの多くがWi-Fi接続の問題に直面している。この場合の犯人は旧バージョンで使用されてきた仮想プライベートネットワーク(VPN)クライアントだ。VPNクライアントはWi-Fi接続をオフセットする特定のレジストリキーを持っている。ただしこのレジストリへアクセスし、手を加えることはリスクを伴う。一回の操作ミスで、コンピュータは機能停止に陥ってしまう。レジストリを編集するというリスクを排除し、Wi-Fi接続の問題を解決できるよう、MicrosoftはWindows Update トラブルシューティング ツールと呼ばれる自動トラブルシューティングユーティリティーをリリースしている。

 デバイスドライバはWindows 10のWi-Fi接続に関する問題を引き起こしている、もう1つの犯人だ。デバイスドライバが旧OSから使用されてきたものであれば、Wi-Fiアダプターを誤認する場合や、Windows 10とは互換性がない場合もある。癖のあるドライバを取り扱う最善の策は、まずはそのドライバの状態を確認することだ。ネットワーク名がハードウェアと一致していない場合は、いったんそのドライバをアンインストールし、ドライバを再設定する。

 それでも問題が解決しない場合は、ネットワークのトラブルシューティングツールを実行する。管理者はそのツールを利用してネットワークのあらゆる問題点を探し、特定することができる。もし特定のプログラム、バグまたはハードウェアが原因でWi-Fi接続ができない場合は、ネットワークのトラブルシューティングツールを実行することにより、その問題を見つけることができるはずである。

Windows 10 しつこい広告表示への対処方法

ITmedia マーケティング新着記事

news162.jpg

コロナ禍における「ご自愛消費」の現状――スナックミー調査
「ご自愛消費」として最も多いのは「スイーツやおやつ」で全体の68%。その他、ランチ38...

news144.jpg

正月三が日のテレビ視聴は過去10年間で最高値――ビデオリサーチ調査
正月三が日の総世帯視聴率(HUT)は過去10年で最高値となり、年末年始のテレビ視聴は例年...

news066.jpg

KOLやKOCによる口コミを創出するために必要なこと
中国向けにマーケティングを行う上で重要なのが口コミである。口コミには友人・知人間で...