2017年06月07日 08時00分 公開
特集/連載

キー入力内容の収集がもたらすリスク「Windows 10」のプライバシー保護を強化する簡単な方法

「Windows 10」でデータを収集するMicrosoftの行為は、同OSのリリース当初から非難の的になってきた。Windows 10のデータ収集は、プライバシー問題を巡って火に油を注ぐことになりかねない。

[Kevin Beaver,TechTarget]
画像 Windows 10からのデータ収集が企業に与える影響とは

 Microsoftが「Windows 10」でキーボードの入力内容をはじめとするデータを収集していることは、かなりの論議を呼んできた。被害妄想、あるいは営利目的で恐怖をあおっているという見方もあるものの、IT管理者にとってもエンドユーザーにとっても不安材料であることに間違いはない。

 Windows 10のデフォルトの状態でのデータ収集は、今に始まったことではなく、最近になってインターネットメディアであらためて注目されたにすぎない。この機能では、同OSでの入力および書き込みサービス向上のため、キーボードの入力データと手書きのデータを収集するようだ。Microsoftはどのようなデータを収集するのかに関して透明性を高めると表明しているが、Windows 10の大型アップデート「Windows 10 Creators Update」でも依然として、デフォルトの状態で相当な量の情報をエンドユーザーから収集する。

 今に始まったことではないからといって、Windows 10のデータ収集をIT部門が無視するわけにはいかない。どんなビジネスPCであれ、キーボードを経由して、知的財産から買収・合併に関する詳細、個人を特定可能な情報、パスワードに至るまで、膨大な量のセンシティブな情報が流れる。従って、これは大きな問題だ。

データ収集が企業にもたらす損害

 企業がこの種の情報を収集し、そしてそのことを公表しないまま、恐らくはエンドユーザーのため、あるいはエンドユーザーに反してその情報を利用することは、プライバシー保護の観点からは決して好まれない。

 ある程度の被害妄想も上乗せされているかもしれない。それでもMicrosoftが収集したデータをどう使っているのか知っておくことは重要だ。そのデータから、組織と顧客との間、あるいは顧客とビジネスパートナーとの間の契約違反が発覚する可能性がある。そのデータが、組織を予期せぬサイバー攻撃にさらしてしまう可能性もある。規制や法令の順守(コンプライアンス)も念頭に置かなければならない。

管理者がすべきこと

 管理者はWindows 10のデータ収集をPCごとに無効にするか、ドメイン単位で管理することができる。

ITmedia マーケティング新着記事

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...

news063.jpg

過度なオンラインショッピングは「依存症」、感情に基づく広告etc. Gartnerの戦略的展望
Gartnerが発表した重要な戦略的展望トップ10からマーケティングやCX(顧客体験)に関わる...