2017年03月06日 08時00分 公開
特集/連載

Windows 10のセキュリティ対策、標準ツール「Windows Defender」以外にすべきことは?6つのポイントを解説(1/2 ページ)

あらゆるOSと同様、「Windows 10」でもセキュリティは非常に重要だ。さまざまな手段を活用してWindows 10デバイスのセキュリティを強化する必要がある。

[Kevin Beaver,TechTarget]
画像 Windows 7からWindows 10へのアップグレード時に知っておくべくセキュリティ対策のポイントとは

 クライアントOSを「Windows 7」から「Windows 10」へとアップグレードする動きが始まりつつある今、Windows 10のセキュリティを万全にする方策を考えるときが来ている。

 Windows 10のセキュリティに対する考え方は千差万別だ。「マルウェア対策さえすればいい」と考える人もいれば、「HDD暗号化やユーザーアクセス権制限、詳細なログ記録が必要だ」と考える人もいる。IT管理者は、自社で使うWindows 10デバイスにどの程度のセキュリティが必要なのかを考えなければならない。

 セキュリティポリシーを適用するとしても、その適用対象をよく理解しなければ保護できない。セキュリティの確保は、リスクを認識し、コンプライアンスや契約条件を理解し、それぞれのニーズに最適な条件を整備する方法を調べるところから始まる。

まずやるべきこと

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...