2017年03月06日 08時00分 公開
特集/連載

Windows 10のセキュリティ対策、標準ツール「Windows Defender」以外にすべきことは?6つのポイントを解説(1/2 ページ)

あらゆるOSと同様、「Windows 10」でもセキュリティは非常に重要だ。さまざまな手段を活用してWindows 10デバイスのセキュリティを強化する必要がある。

[Kevin Beaver,TechTarget]
画像 Windows 7からWindows 10へのアップグレード時に知っておくべくセキュリティ対策のポイントとは

 クライアントOSを「Windows 7」から「Windows 10」へとアップグレードする動きが始まりつつある今、Windows 10のセキュリティを万全にする方策を考えるときが来ている。

 Windows 10のセキュリティに対する考え方は千差万別だ。「マルウェア対策さえすればいい」と考える人もいれば、「HDD暗号化やユーザーアクセス権制限、詳細なログ記録が必要だ」と考える人もいる。IT管理者は、自社で使うWindows 10デバイスにどの程度のセキュリティが必要なのかを考えなければならない。

 セキュリティポリシーを適用するとしても、その適用対象をよく理解しなければ保護できない。セキュリティの確保は、リスクを認識し、コンプライアンスや契約条件を理解し、それぞれのニーズに最適な条件を整備する方法を調べるところから始まる。

まずやるべきこと

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news022.jpg

「サイト内検索」ツール(有償版) 国内売れ筋TOP10(2021年7月)
サイト内検索(サイトサーチ)ツールは検索窓から自社サイト内のコンテンツを正確に、効...

news139.jpg

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...