Windows 10移行“あるある”、「Office」とドライバ問題を片付けるには?互換性トラブルを事前に確認しよう

「Windows 10」への移行について考える際には、ハードウェアの最小要件、「Microsoft Office」とデバイスドライバに付随する潜在的な問題、Webアプリの互換性を念頭に置く必要がある。

2016年10月02日 01時00分 公開
[Eddie LockhartTechTarget]
Windows 10 日本マイクロソフトのWindows 10紹介サイト《クリックで拡大》

 新しいOSへの移行は単純作業ではない。Microsoftの「Windows 10」も例外ではない。

 自社に最適なWindows 10のバージョンを決定したら、IT管理者はアップグレードプロセスがどのように進むのかを明らかにしなければならない。また、作業に着手する前に、自社のネットワークとデバイスがWindows 10に対応していることを確認する必要がある。ハードウェア要件からWebアプリの互換性に関する懸念事項に至るまで、Windows 10への移行が難しいのも、うなずける。

 Windows 10への移行に備えるIT管理者は、Windows 10の最小ハードウェア要件を確認し、「Microsoft Office」に関する問題の解決方法を押さえ、ドライバの不具合といった不安要素への対処法を理解しなければならない。

Windows 10の最小ハードウェア要件

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...