IaaSとPaaSを比較 開発者目線で見たメリットは?併用がトレンド

開発にIaaSとPaaSのどちらを使うかは、両者の主な違いを理解してから決めるべきだ。本稿ではこの違いを考える。

2017年11月22日 05時00分 公開
[Fred ChurchvilleTechTarget]

 IaaSとPaaSという2つの選択肢は以前からある。この2つのアプローチは開発者に提供するものが大きく異なるため、両者の違いを理解しておくことは重要だ。

 本稿では、マイクロサービスの開発に開発者が利用できることを比べながら、IaaSとPaaSの主な相違点を考える。必ずしもオールオアナッシングの選択をする必要はない理由を説明する。

IaaSとPaaSの違い

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「インクルーシブマーケティング」実践のポイントは? ネオマーケティングが支援サービスを提供
ネオマーケティングは、インクルーシブマーケティングの実践に向けたサービスを開始した...

news135.jpg

Xが新規アカウントに課金するとユーザーはどれほど影響を受ける? そしてそれは本当にbot対策になるのか?
Xが新規利用者を対象に、課金制を導入する方針を表明した。botの排除が目的だというが、...

news095.jpg

Googleの次世代AIモデル「Gemini 1.5」を統合 コカ・コーラやロレアルにも信頼される「WPP Open」とは?
世界最大級の広告会社であるWPPはGoogle Cloudと協業を開始した。キャンペーンの最適化、...