2019年05月08日 05時00分 公開
特集/連載

医療で使えるクラウドかどうかを見極める「HIPAA」の5大要件クラウドベンダーが満たすべき要件を解説

医療データを扱うクラウドベンダーは、データのプライバシーとセキュリティを確保するため、HIPAAに準拠しなければならない。ユーザー企業がクラウドを利用するときに気を付けるべきHIPAAの要件を5つ紹介する。

[Reda Chouffani,TechTarget]
photo

 医療機関の間でクラウド導入が広がりつつある。IT部門のリーダーにとっては、セキュリティとHIPAA(米国医療保険の相互運用性と説明責任に関する法令)への準拠は引き続き最優先の検討事項になっている。クラウドベンダーは、HIPAAの要件を満たすためのプロセスを追加し、医療データのセキュリティを適宜確保しようとしている。

 クラウドは導入コストが比較的低いことから、医療データのアーカイブや保管のために利用する医療機関もある。クラウドに院内システムを移行したり、新たに院内システムを構築したりすることもできる。

 本稿ではクラウドベンダーが満たさなければならないHIPAAの要件から、重要な要件を5つ解説する。

1.患者の医療記録への常時かつ迅速なアクセスの実現

ITmedia マーケティング新着記事

news172.jpg

オンラインシフトに伴う名刺交換減少が引き起こす経済損失額は平均で年間約21.5億円――Sansan調査
コロナ禍における企業の商談・人脈・顧客データに関する調査です。

news164.jpg

成果報酬型テレビCM出稿サービス「XICA ADVA」 サイカが提供開始
従来のテレビCMは、出稿量の約束はできてもテレビCMによってどれだけ商品やサービスが売...

news074.jpg

SDGsの取り組みが認知されると、生活者の7割が行動を起こす――電通PR調査
SDGsの認知率は約4割。前年比15.6ポイント増と大きく伸長しています。今企業が取るべきア...