2019年05月08日 05時00分 公開
特集/連載

医療で使えるクラウドかどうかを見極める「HIPAA」の5大要件クラウドベンダーが満たすべき要件を解説

医療データを扱うクラウドベンダーは、データのプライバシーとセキュリティを確保するため、HIPAAに準拠しなければならない。ユーザー企業がクラウドを利用するときに気を付けるべきHIPAAの要件を5つ紹介する。

[Reda Chouffani,TechTarget]
photo

 医療機関の間でクラウド導入が広がりつつある。IT部門のリーダーにとっては、セキュリティとHIPAA(米国医療保険の相互運用性と説明責任に関する法令)への準拠は引き続き最優先の検討事項になっている。クラウドベンダーは、HIPAAの要件を満たすためのプロセスを追加し、医療データのセキュリティを適宜確保しようとしている。

 クラウドは導入コストが比較的低いことから、医療データのアーカイブや保管のために利用する医療機関もある。クラウドに院内システムを移行したり、新たに院内システムを構築したりすることもできる。

 本稿ではクラウドベンダーが満たさなければならないHIPAAの要件から、重要な要件を5つ解説する。

1.患者の医療記録への常時かつ迅速なアクセスの実現

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

「日本企業的DX」の神髄(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。