2019年05月08日 05時00分 公開
特集/連載

医療で使えるクラウドかどうかを見極める「HIPAA」の5大要件クラウドベンダーが満たすべき要件を解説

医療データを扱うクラウドベンダーは、データのプライバシーとセキュリティを確保するため、HIPAAに準拠しなければならない。ユーザー企業がクラウドを利用するときに気を付けるべきHIPAAの要件を5つ紹介する。

[Reda Chouffani,TechTarget]
photo

 医療機関の間でクラウド導入が広がりつつある。IT部門のリーダーにとっては、セキュリティとHIPAA(米国医療保険の相互運用性と説明責任に関する法令)への準拠は引き続き最優先の検討事項になっている。クラウドベンダーは、HIPAAの要件を満たすためのプロセスを追加し、医療データのセキュリティを適宜確保しようとしている。

 クラウドは導入コストが比較的低いことから、医療データのアーカイブや保管のために利用する医療機関もある。クラウドに院内システムを移行したり、新たに院内システムを構築したりすることもできる。

 本稿ではクラウドベンダーが満たさなければならないHIPAAの要件から、重要な要件を5つ解説する。

1.患者の医療記録への常時かつ迅速なアクセスの実現

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...