「新型コロナワクチン接種証明システム」構築に立ちはだかる「相互運用性」の壁「新型コロナワクチン接種デジタル証明書」にまつわる諸問題【後編】

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種状況を確認するデジタル証明書管理システムが、社会で広く使われるものになるためには、医療データの相互運用性と標準化の問題がある。現在の状況は必ずしも楽観的ではない。

2021年04月23日 05時00分 公開
[Patrick ThibodeauTechTarget]

 雇用主や労働者に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチン接種のデジタル証明書管理システムを広く普及させるまでには、さまざまなハードルや未解決の問題がある。中編「QRコードを使った『新型コロナワクチン接種証明システム』とは?」に続く本稿は、デジタル証明書によるワクチン接種の証明を実現するまでの道のりにおける、米国の社会情勢や技術動向のハードルについて考察する。

 米国の第45代大統領ドナルド・トランプ氏も、新たに就任した第46代大統領のジョー・バイデン氏の政権も、デジタル証明書によるワクチン接種の証明に関する計画の概要を打ち出していない。バイデン氏にとって、このようなプログラムの優先度が高いかどうかも定かでない。

 ワクチン接種デジタル証明書の開発を進めるCOVID-19 Credentials Initiative(CCI)で共同主幹事を務めるルーシー・ヤン氏は「ワクチン接種デジタル証明書の発行者を決めるのは国のトップと公権力だ」と説明。これが明確になれば、Linux Foundation Public Healthのオープンスタンダードによって、他のデジタル証明書との相互運用性を懸念することなく、ワクチン接種デジタル証明書を作成できると主張する。

ワクチン接種の電子証明書、標準規格と相互運用性の問題

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。