2008年07月28日 08時00分 UPDATE
特集/連載

次期SUSE Linux Enterprise Serverはこうなる?初メジャーリリース「openSUSE 11.0」試用リポート

openSUSEプロジェクトが開発を進めているLinuxディストリビューションのメジャーリリース「openSUSE 11.0」が公開された。どのようなディストリビューションに仕上がっているのか、見てみよう。

[北浦訓行]

openSUSEとは

 「openSUSE」は、Novellがスポンサードするオープンソースコミュニティーによって開発されているLinuxディストリビューションである。openSUSEの成果は、Novellが発売する「SUSE Linux Enterprise Server」(以下、SLES)および「SUSE Linux Enterprise Desktop」(以下、SLED)に取り入れられる。従って、今回リリースされたopenSUSE 11.0によって次期SLESの動向を占うことができる。

 openSUSEは、プロジェクト開始当初のリリースである10.0から、10.1、10.2、10.3へと着実にアップデートしてきた。バージョン11.0のリリースは、openSUSEプロジェクトが発足してから初めてのメジャーアップデートとなる。11.0のリリースに際しては、約200の新機能が搭載されているが、主な改良点を挙げるなら以下の2点だ。

  • インストーラの改善によるインストール作業の簡便化
  • パッケージ管理ライブラリの高速化

 これらの改良点以外に、KDE 4やGNOME 2.22、Firefox 3(DVDに収録されているのはβ5)、OpenOffice.org 2.4などの最新ソフトウェアが収録されている。また、Linuxディストリビューションとして初めて、マルチメディアプレーヤーのBanshee 1.0も搭載している。主な収録ソフトウェアのバージョンについては、表1を参照していただきたい。

表1 OpenSUSE 11.0の主な収録ソフトウェア
ソフトウェア バージョン
カーネル 2.6.25.5
デスクトップ環境(KDE) 4.0.4
デスクトップ環境(GNOME) 2.22.1
コンパイラ(GCC) 4.3
Cライブラリ(glibc) 2.8
セキュアOS(AppArmor) 2.3
Webサーバ(Apache) 2.2.8
メールサーバ(Postfix) 2.5.1
メールサーバ(sendmail) 8.14.3
データベース(MySQL) 5.0.51a
データベース(PostgreSQL) 8.3.1
ファイル共有(Samba) 3.2.0
仮想マシン環境(Xen) 3.2.1
システム管理(YaST2) 2.16.71

関連ホワイトペーパー

Fedora | Red Hat(レッドハット) | SUSE


ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

ログリーとビルコム、B2B企業向けコンテンツマーケティング支援事業を行う新会社設立へ
ログリーとビルコムは、共同出資により、新会社を設立することで合意した

news010.jpg

「Amazon Echo Spot」を差し上げます
メールマガジン「ITmedia マーケティング通信」を新規にご購読いただいた方の中から抽選...