2009年03月23日 08時00分 UPDATE
特集/連載

クラウド化を目指すSAPSAP製品ロードマップの主要技術はモバイル、クラウド、仮想化

SAPのCTOが、仮想化、クラウドコンピューティングへの取り組みや製品ロードマップについて語った。

[Courtney Bjorlin,TechTarget]

 独SAPCTO(最高技術責任者)によると、同社の今後の製品ロードマップの鍵となる技術は、モバイルアプリケーション、クラウド、仮想化だ。

 同社CTOのビシャール・シッカ氏は、今後数年で経済活動全体のモバイル化が進み、企業はほぼ例外なく、アプリケーションをモバイル環境でも運用するようになるとの見通しを示した。そのため、こうしたアプリケーションの利用・サポート方法がますます重要になるという。

 それらにかかわる技術には4つの側面がある。具体的には、アプリケーションの構築、提供、利用、および変更・ライフサイクル管理だと、シッカ氏は述べた。同氏はSAPの製品ロードマップの一環として、こうした技術を生かすフレームワークの構築と改善を、顧客を混乱させることなく継続していくというビジョンを描いている。

 「わたしは、時とともに進化していくソフトウェアを頭に描いている。その進化は基本的に、ソフトウェアの信頼性、安定性、洗練性、(開発の)俊敏性の実現方法を常に追求し、融合させることで生まれる」とシッカ氏。「われわれはソフトウェアのイノベーションを、顧客を混乱させることなく提供していくつもりだ」

 SAPの製品ポートフォリオの技術・イノベーション戦略を担当するシッカ氏は、広範囲にわたるインタビューに応え、SAPの今後の製品ロードマップの一端を説明した。同氏はSAPのチーフソフトウェアアーキテクトを務めていた2007年、同社の初代CTOに就任した。現在はロードマップの紹介から実験的なソフトウェアの開発まで、多様な業務を統括している。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

「Pinterest」のマーケティング活用、実は意外と進んでいるってご存じでした?
おしゃれな人、アート志向の人が使う画像共有サービスとして知られる「Pinterest」。アー...

news095.jpg

NTTコム オンライン、「Oracle Eloqua」と連携したSMS送信サービスの提供開始
NTTコム オンラインは、マーケティングオートメーション「Oracle Eloqua」から直接SMSを...

news072.jpg

インテージ、「INTAGE connect」経由でモバイル空間統計データの提供を開始
インテージは、同社の「INTAGE connect」を通して、ドコモ・インサイトマーケティングが...