2011年05月19日 09時00分 UPDATE
特集/連載

企業のBCP(事業継続計画)策定に関するアンケート調査リポート震災後、企業のBCP(事業継続計画)はどう変わった?

BCPに関する意識調査により、半数以上の企業がBCPの策定/見直しに取り組むことが分かった。一方で、必要性は分かるが、どのリスクを優先的に対処すべきか方法が分からないといった課題も見えてきた。

[上口翔子,TechTargetジャパン]

 TechTargetジャパンでは2011年4月14日から27日にかけて、TechTargetジャパン会員を対象に「企業のBCP(事業継続計画)策定」に関するアンケート調査を実施した。3月11日に発生した東日本大震災前後でのBCP策定状況や、今後企業がBCPに取り組む上での課題、必要とするIT製品・サービスなどが見えてきた。

 本稿では、調査の一部を抜粋して紹介する。

※本調査で扱ったBCPとは、計画停電などを見越した在宅勤務の導入や、サーバ/データセンターなどITシステム面での対策を中心とした。

調査概要

目的:TechTargetジャパン会員BCP策定状況と策定時の課題について調査するため

方法:Webによるアンケート

調査対象:TechTargetジャパン会員

調査期間:2011年4月14日(木)〜27日(水)

有効回答数:177件

※回答の比率(%)は小数点第2位を四捨五入し、小数点第1位まで表示しているため、比率の合計が100.0%にならない場合があります。


全体の65.5%が東日本大震災で何らかの影響を受けた

 回答者の属性は、割合が多い順に従業員数11〜1000人の中堅・中小企業が56.6%(n=100)、1001人以上の大企業が37.3%(n=66)、10人以下のSOHOが5.6%(n=10)だった(不明n=1含む)。地域別では、関東(61.0%、n=108)、関西(13.6%、n=24)、北陸・中部(10.7%、n=19)、中国・四国(7.9%、n=14)、北海道・東北(6.2%、n=11)で回答が得られた。

 東日本大震災が事業に与えた影響を被害状況別に4段階で聞いたところ、最も多いのが「直接影響ないが一時的に事業を縮小」で、40.7%だった。「直接的被害により、事業活動を縮小」(23.7%)と合わせると全体の65.5%が何らかの被害を受けたことが分かる。

グラフ1 東日本大震災が事業に与えた影響(全体)

 地域別に見ると、北海道・東北では18.2%が「被害が大きく企業活動が停止した」。被災地から離れた関西でも、54.2%が「直接影響はないが一時的に活動を縮小」と回答するなど、日本全国に影響が及んだことが分かる。

グラフ2 東日本大震災が事業に与えた影響(地域別)

 具体的な被害内容は「計画停電などによる業務遅延や停止」(56.6%)、「営業/サービス停止による売り上げ停止」(38.3%)、「物流被害」(35.7%)などが上位に挙がった。

関連ホワイトペーパー

BCP(事業継続計画) | データセンター | サーバ


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news083.jpg

「Adobe Marketing Cloud」などの推奨プラットフォームに「Microsoft Azure」を認定
Adobe SystemsはMicrosoftとの戦略的提携を発表し、「Microsoft Azure」を同社のクラウ...

news089.jpg

縦型動画もOK、テンプレート型動画制作サービス「FastVideo」にiOS向けアプリが登場
動画マーケティングのLOCUSは、Webサイト上でテンプレートに画像や動画をあてはめること...

news097.jpg

「時代後れのメディア」と呼ばれ続けて半世紀、ネット化するラジオのマーケティングシナリオとは?
「古くて新しいメディア」として愛され続けるラジオ。インターネットやスマートフォンに...